写真:UPI KOREA


俳優イ・ビョンホンが出演することで期待を集めているハリウッド映画「マグニフィセント・セブン」が、第73回ヴェネツィア国際映画祭の閉幕作に選ばれた。


28日(現地時間)、ヴェネツィア国際映画祭の事務局によると、非競争部門に招待されているアントワーン・フークア監督の新作「マグニフィセント・セブン」は、9月10日の閉幕式に上映されることになった。
これに先立ち、同映画は9月8日より開催される第41回トロント映画祭でも開幕作に選ばれている。


黒澤明監督の「七人の侍」とハリウッドリメイク版「荒野の七人」を原案にした西部劇「マグニフィセント・セブン」は、さまざまな悪行を犯す悪党から、村を守るために雇われた7人のガンマンによる痛快な復讐劇を描く作品。
デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、マット・ボマー、ヴィンセント・ドノフリオ、キャム・ギガンデット、そしてイ・ビョンホンが主役を演じる。


映画は9月に公開(アメリカ、韓国など)される予定。(日本は2017年1月27日に公開)


■予告編:https://youtu.be/q-RBA0xoaWU


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10