写真提供:Tree J Company


俳優チャン・グンソクのアジアツアーが大盛況のうちに終了した。


7月2日のソウル公演を皮切りに華麗な幕を開けたチャン・グンソクのアジアツアー「2016 JANG KEUN SUK ASIA TOUR~IT'S SHOW TIME~」が、8月28日の上海公演を最後に、その盛大な幕を閉じた。


さらにチャン・グンソクは、「JANG KEUN SUK ENDRESS SUMMER 2016」というタイトルで、東京(7月5日~6日)と大阪(7月19日~20日)にてそれぞれ2公演を開催し、およそ4万人のファンを動員しながら、日本全国を盛り上げた。


3カ国5都市でツアーを展開してきたチャン・グンソクは、今回のステージでファンとより親密に共感する時間を持ちながら、『HELLO HELLO』『LOVELY GIRL』『Can You Hear Me』などを熱唱し、その現場を熱く、そして甘い音色に染めていた。


日本公演では、3ヶ月連続で発表する新曲のうち3曲を披露しながら、バイオリン、ヴィオラ、チェロなど8人で構成されたストリングチームによる演奏で観客を魅了した。
また、今年出演した主演ドラマをはじめ、監督として臨んだ映画の演出、バラエティ出演などで多忙な日々を送っているだけに、ファンとよりいっそう親密に近況について話を交わした。そしてファンと目を合わせながら彼らの話に耳を傾け、お茶目なところをみせながらジョークを飛ばす姿は、長い時間をかけて深めてきたファンとの絆をもう一度実感させてくれる時間でもあった。


特に深セン(7月30日)、上海公演では、チャン・グンソクも予想できなかったファンによるサプライズが行われ、8月4日に30歳(数え年)を迎えた彼のために、深センのファンは手書きのカードを収めた箱を伝達し、上海公演では、ファンの声とメッセージで制作された映像が上映され、チャン・グンソクを感動させたという。


今回のツアーを終え、チャン・グンソクは、「もう7年ほど公演をしていますが、今まで一緒にいてくださって本当にありがたいです。これからもみなさんが僕のファンであることを誇りに思えるように、最善を尽くしていきます」と、感謝の気持ちを伝えた。


一方、チャン・グンソクは日本で「Let me cry」に続き5年ぶりとなる待望のシングル「Darling Darling」を発表(8月10日発売)し、話題を呼んだ。何よりチャン・グンソクは、ポニーキャニオンからユニバーサルミュージック/ EMI Recordsに移籍して本格的な活動を予告。「Darling Darling」を皮切りに毎月1枚のシングルでリリースして、そう3枚のシングルが誕生する予定。


さらに韓国では、チャン・グンソクが本格的なバラエティに初挑戦するtvNリアルバラエティ「私の耳にキャンディ」が毎週木曜日(夜11時より放送)に放送されており、回を重ねるたびお茶の間を魅了している。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10