チェ・ウシク × ユイ(AFTERSCHOOL)が共演する草食男子とドS美女が繰り広げる、最高に心温まる純愛ラブコメディ「ホグの愛」が8月3日(水)にDVDリリースされました。こちらを記念してチェ・ウシク&ユイから日本のファンへ向けたスペシャルインタビューが到着しました!


JYJユチョン主演で人気を博した「屋根部屋のプリンス」出演で一気に知名度が上がったチェ・ウシクがドラマ初主演!ヒロインにK-POPアイドルグループAFTERSCHOOLのメンバーで「上流社会」など演技ドルとしても活躍するユイを迎え、豪華若手スター共演のハートフル・ラブコメディ!
今回お届けするスペシャルインタビューでは二人の本作に対する熱い思いや、「ホグの愛」の撮影秘話について語って頂きました。こちらの対談インタビューは9月2日(金) 発売の「ホグの愛」DVD-BOX2の特典に収録しております。



―「ホグの愛」のシナリオを読んだ時、どのような印象を抱きましたか。こんな部分に惹かれたというのがあれば教えてください。
チェ・ウシク:
初めて台本を受け取った時、原作のウェブコミックがあったので少し不安になりました。ファンがすごく多い作品なので。僕がどういう演技を見せたら、ファンの皆さんの心を動かせるだろうかと思ったんです。でも、台本の内容がとても温かく仕上がっていたので、その点がいいなと感じました。
ユイ:
私も最初にウェブコミックを読みました。私の場合はシングルマザーというキャラクターが魅力的でした。重たいテーマも組み込まれていますが、それを乗り越えようとするドヒという女性を演じてみたいと強く思いました。この役をやりたいという気持ちが強かったです。


―カン・ホグとト・ドヒを演じていて、いちばん気を使った点や視聴者にこんなふうに見てもらいたいと自分なりに気をつけた部分はありますか。
チェ・ウシク:
ホグは非現実的ないい人に見えたので、もう少し現実的ないい人に見えるよう気をつけました。ピョ・ミンス監督とも、想像の中では怒ったり大声を出したりしようと話し合ったんです。少しオーバーなところもありましたが、そういった面も見てもらいたいと思いました。漫画では、あまりにもいい人に描かれているので。漫画とは、もう少し違う表情を見せられるよう演じました。
ユイ:
私はホグの初恋の人でもありますが、“国民の妹”というイメージを持たれている人です。私はそんな経験をしたことないし、そんな役を演じたこともありません。なので、どうすればト・ドヒらしく見えるのかなと最初は悩みました。出産の演技も経験がありませんでした。そして、私が水泳をしていたことを知っている人もいるので、泳ぎの練習を基礎から見直しました。演技となると難しいので。すべてにおいて、初めてのこととして試すことができたので、他の役よりも勉強になることが多かったです。


―ホグは思いやりがあり、慈愛の精神に満ちているともいえる一面がありますよね。一方のドヒは情熱的で負けず嫌いで、かつ温かい心も持っています。それぞれ、本人と役が似ていると思う点と、違うなと思う点を教えてください。
チェ・ウシク:
僕がものすごくカッコいい役を演じていたら、まったく似ていなかったんですが、僕自身の生き方もありきたりなものなので、そういうところは似ていると思います。どこにでもいそうで、弱そうに見えることには自信があるので、そういうところが似ていました。でも僕はあそこまでいい人ではないので、そこはちょっと違います。
ユイ:
そんなことない。あなたはいい人よ。久しぶりに会ったからね(笑)。



―ユイさんはどうですか?ト・ドヒとは、努力家で勝負欲が強いところは似ているのではありませんか?
ユイ:
はい。そこはすごく似ています。負けず嫌いですし、挑戦するのも好きですし、熱い性格ですし。そういうところは、とても似ています。ト・ドヒを演じていると、気分がスッキリすることが多かったです。演じていた3~4か月の間、気持ちが楽でした。ドヒを演じ終えてからけっこう経ちますが、今でも忘れられない役の1つです。リラックスして演じられたキャラクターだったので、それくらい自分に似ていました。多くの人に愛されている点と、国民の妹のような存在であるという点を除けば、すごく似ていると思います(笑)



―ウシクさんへの質問です。この作品で初主演を飾り、思い入れが強い作品になったことと思います。映画とドラマの両方で活躍中ですが、初めてのドラマ主演を通して演技への姿勢や意識に変化はありましたか?
チェ・ウシク:
他の作品もそうだとは思いますが、「ホグの愛」は、ホグとドヒとクムドンが出ないシーンがほとんどなかったんです。だから、視聴者の皆さんが飽きるんじゃないかという不安があり、大きなプレッシャーを感じていました。いつもなら視聴率はあまり気にしないのに、今回は放送の次の日に確認してしまい、何パーセントか下がっていたら自分のせいなんじゃないかと責任や不安を感じていました。でも、ピョ・ミンス監督が家族のように接してくれましたし、現場の雰囲気もよかったんです。あとは、緊張するような先輩がいませんでした。もちろん、お母さんやお父さんなどベテラン俳優はいましたが、同じ世代の仲間と過ごすことが多かったので、にぎやかに笑ったり、ふざけ合ったりしていました。ドラマに出演して感じたことは、もちろん他の映画やドラマでも同じなんですが、自分ではなく相手の演技が大切だということでした。感情を込めるシーンがたくさんありましたが、ユイさんは最初から100パーセントで演じてくれるんです。なので、僕は無理せずに感情を込めて演じることができました。ユイさんのおかげです。


―スロンさん演じるガンチョルとのロマンスともいえるシーンがいくつかありました。演じてみていかがでしたか?
チェ・ウシク:
初めてスロンさんに会った時、すごく背が高くて、目も大きくて。僕は鏡の中でいつも小さい目を見ていたので、目の大きな人と近くで向き合うのは慣れなかったですし、男性同士のロマンスも初めてだったので、最初はやっぱりやりづらかったです。でも、スロンさんとは性格が似ていたから、最後までやれたんだと思います。どうすれば2人の顔がよく映るだろうかと一緒に悩んだりもしました。スロンさんに壁に追いやられるシーンがあるんですが、笑いをこらえるのが大変でした。スロンさんとのシーンでNGを出す時は、ほとんど笑ってしまうせいでした。

ユイ:
キスしようとするシーンを撮る時、2人ともすごく真剣なんです。私はそれを見ているんですが、2人して顔の角度を気にしたりして、見ているほうが恥ずかしかったです。本当に2人とも真剣なんですよ。2人で楽しんでいるようにも見えました。


―次はユイさん。先ほど、少しお話にもありましたが、クムドンの母親役を演じてみていかがでしたか。
ユイ:
出産シーンのあとで初めて子供を抱いた時、10分も抱っこできなかったんです。すごく重くて。自分の子供じゃないので落としたらどうしよう、ケガさせたらどうしようと余計に考えてしまって。演技に集中しなければならないのに、子供が泣いたらどうしようと気になって集中できないんです。10分も抱っこできなかったのに、腕は震えていました。お母さんたちは、どんなふうに抱っこしているのかと混乱すらしてしまったんです。10分だけ抱っこするのが、こんなに難しいのかと。でも撮影が進むにつれて、子供を寝かしつけることができるようになりました。私が大好きなシーンのうち、寝ている子供の横でホグへの思いを子供に告白するシーンがあります。さっきは冗談のように話しましたが、ああいうシーンを撮ると、本当に本当に子供がいたらいいなと…(笑)。そんなふうに思いましたし、子供の大切さも感じました。自分の子供ではありませんが、実際に妊婦さんのおなかの中にいる赤ちゃんの心臓の音も聞いたんです。生まれたばかりの赤ちゃんが私に笑いかけてくれたり、神秘的な感じでした。実は、これから子供がテーマのドラマを撮る予定なんです。「ホグの愛」を通して、すごくたくさんのことを学びました。子供のことがもっと好きになりましたし、私にとって大切な作品になったと思います。


―クムドンはすごくかわいかったですよね。
ユイ:
ファンの皆さんが赤ちゃん用品をたくさんプレゼントしてくれました。日本のファンの皆さんもくれたので、すごく不思議でした。
チェ・ウシク:
ユイさんに子供はいないのに、赤ちゃんの物をくれたの?
ユイ:
クムドンへのプレゼントよ。なので、やっと日本で放送されると聞いて嬉しいです。



―ウシクさんとはいかがでしたか?
ユイ:
さっきもお話ししましたが、ホグにはとても感謝しています。本当に一生懸命なのを感じましたし、いつも「リラックスして」と言ってくれました。ホグの優しさが感じられて、ドヒはこんな気持ちになるんだなと思いましたし、頭ではなくて心で演じられたのは久々だったような気がします。ホグとは、機会があればまた一緒に演技がしたいです。


―イ・スギョンさんが演じたホギョンは恋愛のプロという設定で、ホグに恋愛のアドバイスをしていました。そのなかで印象に残っているセリフはありますか?
チェ・ウシク:
セリフを最初から最後までは覚えていないんですが、信号を例にして話すシーンがあったんです。(ホグは)好きな女性がいたら走れと言うんですが、そのシーンを最初と最後に撮影しました。ホグとドヒがキスもします。そのシーンがいちばん印象的なんですが、恋愛のアドバイスとして役に立ったかどうかは…(笑)。そのシーンがすごく記憶に残っています。


―ユイさんはいかがですか。
ユイ:
ホギョンが言っていたセリフはすごく長いんですが、心に響きました。ホグの言うように、現実には起こりそうにないことだけど、筋は通っていると思います。ぜひ注目して見てください。




―このドラマは単純なコメディーではなく、家族やシングルマザー、同性愛などのテーマも描かれていますが、視聴者の心が温まる作品でした。「ホグの愛」に出演してから、自身の恋愛観に影響を与えたことがあれば教えてください。
ユイ:
影響を受けたことはありませんでしたが、“初恋は実ることもある”ということが分かりました。初恋だって実るんだと思いました。お互いに好きなら走り出すべきだと思います。それに、たとえフラれたとしても、アタックしてみていいと思いました。ホギョンの言葉のように。
チェ・ウシク:
僕はドラマを通して、恋愛観よりも家族の温かさに気づかされました。僕らは初恋でしたが、他のドラマで描かれるような恋愛じゃなかったんです。父親として、母親としてクムドンのことを考え、お互いに愛し合ってという感じでした。それで家族の大切さや温かさを学んだんですが、恋愛観か…。好きな人を温めてあげて愛してあげれば、成功できるかも…(笑)。失敗するかもしれませんが、成功するかもしれない。恋愛は大変そうだ。


―最近はデジタル化が進んでスピード重視になっていますが、今回のドラマはアナログに描かれていました。その点も温かいなと思いました。それでは、これから挑戦してみたい役はどんな役か、どんな俳優になりたいかを教えてください。
チェ・ウシク:
役までは分かりませんか、ジャンルではホラーやアクションに挑戦してみたいです。顔が血だらけになったりする役をしてみたいです。


―俳優としては、どのような価値観を持っていたいですか?
チェ・ウシク:
いつも聞かれる質問なんですが…。いい格好を見せるためだけに努力はしたくないです。いろんな表情を見せたいですし、人間味のある役を演じていきたいです。
ユイ:
悪役をやってみたいです。さっきもお話ししましたが、年齢も重ねて子供の母親も演じたので…。どんな役がいいかとか、今まで制約してきたことはなかったんです。演技についてはまだまだ勉強中ですし、任された役をきちんとこなせるようになりたいです。自分は未熟だと思うので。私の名前ではなく、役名で呼んでもらえるような役者になりたいです。「ホグの愛」では、ユイよりもドヒと呼ばれることが多かったです。こんな演技をもう一度してみたいと感じています。はい、そんな役者になりたいです。


―「ホグの愛」の見どころを挙げるとすればどんな点でしょうか。これまでのお話にも出てきましたが、改めてお話しください。
チェ・ウシク:
さっきもお話ししましたが、家族がいちばんのポイントだと思います。家族の大切さをたくさん描いたドラマです。他のドラマのように、男性の主人公が出てきて、女性の主人公が出てきて恋をするという話でもないし、大きな問題を描いてもいます。本来なら、もっと笑えてドタバタに描けるドラマですが、登場人物の感情や描かれているエピソードがシリアスな面もあります。それだけ、いろんな面が見られるドラマになっています。
ユイ:
ホグが真剣に言ってくれたので、私からはホグのダンスに注目してもらえれば、きっと楽しんでいただけると思います。韓国ですごく話題になったんですよ。すごかったんだから。



―ウシクさんのダンスに注目ですね(笑)。それでは最後に、カメラに向かって日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。
チェ・ウシク:
日本のファンの皆さん、こんにちは。「ホグの愛」でカン・ホグ役を演じたチェ・ウシクです。このドラマは家族の温かさがたくさん描かれていて、きれいなユイさんと僕のラブストーリーも描かれています。たくさんの見どころがある作品なので、暇な時に見てもらえるだけでも楽しんでもらえると思います。感動もできるドラマです。どうぞよろしくお願いします。
ユイ:
「ホグの愛」でドヒ役を演じたユイです。「ホグの愛」は重たいテーマを描いていますが、愉快に痛快に描いた作品です。ぜひ応援してください。楽しいストーリーなので、気に入っていただけると思います。ありがとうございます。


Ⓒ2016 CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.


『ホグの愛』
DVD-BOX1発売中(第1話~第8話収録)
Vol.1~Vol.5レンタル中
2016年9月2日(金) DVD-BOX2発売(第9話~第16話+特典映像収録)
Vol.6~Vol.10レンタル開始
価格:DVD-BOX 各15,200円+税
※DVD-BOXご購入の方には<初回生産限定特典>チェ・ウシクとハイタッチ付き!イベント応募はがき封入!
発売元:クロックワークス 販売元:TCエンタテインメント
■公式サイト:http://hogu-love.com/
【STORY】恋愛経験ゼロのお人好しな青年ホグ。そんなホグの初恋の人は、高校の同窓生で水泳の韓国代表として活躍するドヒだった。ドヒは抜群のルックスから広告モデルなども務める人気選手だが、競技では銀メダルしか取ることができず、いつも悔しい思いをしていた。そんな2人はある日、高校の同窓会で再会。別れ際、ホグに向かって「海を見に行きたい」と言いだしたドヒは、すぐにでも捨て去りたい大きな秘密を抱えていた。
【キャスト】チェ・ウシク(「屋根裏部屋のプリンス」)、ユイ(AFTERSCHOOL)(「烏鵲橋の兄弟たち」)、イム・スロン(2AM)(「天命」)、イ・スギョン(『コインロッカーの女たち』)
【スタッフ】監督:ピョ・ミンス(「フルハウス」)



☆★「ホグの愛」DVDイベント with チェ・ウシク開催決定!☆★
日時:2016年11月19日(土)
会場:都内某所(ご当選者のみにご案内いたします。)
内容:トーク、プレゼント抽選会、他60分程
さらに!DVD-BOX【ご購入で】ご応募の方にはハイタッチ付き!
人数:抽選200名様限定
主催:クロックワークス/TSUTAYA/TCエンタテインメント
応募方法など詳細は専用サイトをご確認ください▶ http://hogu-love.com/



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10