BIGBANGのT.O.Pが、世界的な美術品オークション会社サザビーズ(Sotheby's)とコラボしたプロジェクト“チャリティー・オークション”に参加する。|THE FACT DB


他のアイドルたちと違って少し独特な趣味を持っているBIGBANGのT.O.Pが、世界的な美術品オークション会社サザビーズ(Sotheby's)とコラボプロジェクトを進行することが伝えられ、話題を集めている。


T.O.Pは、来月3日に香港で開催されるチャリティー・オークション「#TTTOP」にキュレーターとして参加する。「#TTTOP」はサザビーズとT.O.Pがコラボして進行するプロジェクトで、アジアスターのなかでサザビーズとコラボしたのはT.O.Pが初めて。普段様々な芸術作品に格別な愛情を注いできたT.O.Pの芸術への愛から、今回のコラボが実現できたという。

サザビーズはオークションの収益金の一部を、「The Asian Cultural Council」を通じて経済的に困難な環境で作業している才能あるアジアの若い芸術家に寄付する方針だ。T.O.Pもチャリティー・オークションの意味にあわせてギャラを受けないと決定した。


T.O.Pとナムジュン・パイクの1997年作「Fat boy」。|サザビーズ公式ホームページ


キュレーターとして参加するT.O.Pは国内外の有名作品28点を選定してオークションに出す。推定の金額は最小130億ウォンになると思われる。


T.O.Pの趣味は美術品コレクションだ。収入の90%以上を投資しているため、マイカーも未だに持ってないという。T.O.Pの趣味がこれになったのは、代々芸術家という家柄に起因する。T.O.Pの母方の祖父は小説家の故ソ・グンベさん。また、故ソ・グンベさんの母方の叔父は韓国で有名なキム・ファンギ画伯である。この他にも、母、姉、叔母など、家の殆どの女性が美術を専攻しており、T.O.P自身も幼い頃から影響を受けたと思われる。


有望なアジア新進芸術家に賞を与える「2015 Prudential Eye Awards」で「ビジュアルカルチャー賞(Award for Visual Culture)」を受賞するほど、普段様々な芸術作品に格別な愛情を見せてきたT.O.Pは、今回のチャリティー・オークション参加について「才能は多いが、経済的に苦しんでいる若きアジアアーティストたちが少しでもより安定した環境で創作活動ができるように、これからもこのようなプロジェクトを継続的に行っていきたい」と伝えた。


THE FACT|クォン・ヒョクギ記者



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10