非公開のSNSをハッキングされたG-DRAGON。これに対してG-DRAGON側は強硬な対応を取ると立場を明らかにした。|イ・セロム記者


G-DRAGON側が個人のプライバシーを侵害する行為に対して法的対応に乗り出すことを示唆した。


G-DRAGONの所属事務所であるYGエンターテインメントは21日午前、「G-DRAGONが最近、非公開の個人SNSアカウントをハッキングされた。重大なプライバシー侵害犯罪の被害を被ることになったことについて、強力な法的措置をとる方針だ」と明らかにした。


YGは「ハッキングされたアカウントは、G-DRAGONが少数の知人と一緒に日常を共有するアカウントで、徹底的に非公開で運営されてきた。個人が非公開で運営するSNSアカウントをハッキングし流布することは明白な犯罪行為。アカウントをハッキングした人物はG-DRAGONのアカウントを非公開ではなく公開に回し、私生活をさらけ出させる違法行為をした。これにより、約150人の知人のフォロワーのみが共有してきたプライベート写真が様々なSNSを通じて拡散された」と述べた。


続いて「流出された写真は別の人物によって変形・合成され、また別のSNSやネットコミュニティなどを介して拡散された。これによって虚偽の事実が広がるなど、第2、第3の被害が発生している」とし、「YGはアーティストのプライバシーを侵害し、SNSやネットコミュニティなどを通じて様々なデマを流すなど、アーティストのイメージや名誉を毀損する行為に対して強硬対応を取る方針だ」と付け加えた。
また、YGは「G-DRAGONのSNSをハッキングした人物だけでなく、悪意質なデマを流布する行為に対して捜査機関に告訴や告発を行う予定」とし、「これはアーティストのプライバシーを侵害する、一線を超えた違法行為の再発を防ぐための措置だ」と説明した。


THE FACT|キム・ミンジ記者


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10