25日、歌手のチョン・ジュニョンが緊急記者会見を開き、盗撮事件についての立場を明かした。|ペ・ジョンハン記者



元交際相手の女性に許可を得ず、性行為中に盗撮を行ったとして議論を巻き起こした歌手のチョン・ジュニョン(27)が、謝罪の意を伝えた。


チョン・ジュニョンは25日午後、ソウルの江南にあるノボテルアンバサダーにて、今回の事件について緊急記者会見を開き、立場を明かした。
報道陣の前に登場したチョン・ジュニョンは、まず「物議を醸したことを心より謝罪する。私の未熟な身の振り方でたくさんの方々を失望させてしまったことを、心よりお詫びする」と謝罪した。


続けて事件については、「今年の初めころに、相互合意の上、遊びで撮影したものだが、盗撮ではない。その後多忙なスケジュールで、該当女性との関係が疎遠となり、ケンカが生じたが、その過程で撮影事実を根拠に(彼女が)警察に通報した」と説明。
「その後、警察の調べを受け、撮影事実を認め、起訴意見で検察に送致されたが、告訴人が訴を取り下げることになり、その後、(彼女から)嘆願書を数回に及んで提出し、捜査は終了されるところだった」と付け加えた。
また、現在レギュラーとして出演中の番組については、「出演者の方々にご迷惑をおかけすることになり、心から申し訳ない。降板などに関しては、該当番組側の処分に従うつもりだ」と伝えた。


23日、韓国のあるメディアは、チョン・ジュニョンが性犯罪の容疑で訴えられたと報道し、その後、所属事務所は「該当女性は告訴を取り下げ、捜査機関に事実関係を正しくするなど、ごくプライバシーなハプニングで、すでに終わったこと」と釈明した。
しかし、その翌日、あるメディアは、「チョン・ジュニョンが元交際相手A氏と性行為を行っているところ、体の一部を盗撮したため、A氏はチョン・ジュニョンを告訴し、彼は警察の調べでA氏が撮影に同意したものと勘違いしていた。動画はすぐ削除したと供述した」と報道。事件は新たな局面をむかえた。


THE FACT|ユン・ソヒ記者


◆以下は、チョン・ジュニョンが緊急記者会見で発表した公式立場の全文


 まずは、今回のことで物議を醸したこと、深く謝罪の言葉を申し上げます。
 先日23日の夜にあった初めての報道後、私と該当女性の方をめぐる議論が続いています。未熟な身の振り方でたくさんの方々を大きく失望させてしまったこと、心よりお詫びします。
しかし、現在知られた内容のなかには、事実と異なったり、相当個人的な領域を含まれているため、私はもちろん、相手女性の方が意図せず大変苦しんでいます。今回のことによって、これ以上の被害が生じないことを願う気持ちで、私たち2人は論議の末、この記者会見を開くことと決心しました。
 私を告訴した女性の方は、元彼女で、現在は恋人ではありませんが、今も良い友だちとして過ごしています。今回の議論を巻き起こした動画は、実は今年の初めころ、お互い交際している時に、相互認知の上、遊びで撮影した短い動画で、該当動画はすぐ削除しました。
もちろん盗撮カメラではなく、ただ、私が多忙なスケジュールで女性の方と疎遠になる過程でケンカが生じ、この過程で偶発的に女性の方が撮影事実を根拠に通報することになりました。
その後私は、これと関連して警察の調査を受け、私も撮影事実を認めたため、起訴意見で検察に送致されました。そして、相手女性の方は、警察の調査に臨み、告訴を取り下げ、当時の撮影が強制的に行われたり、自分の意思に反したものではないことを明らかにしました。
検察側もこのような内容を確認し、女性の方は容疑なしの処分を求める嘆願書を数回に及んで提出していたため、事件は私たち2人のことで静かに終わると思いました。
 しかし、週末に急な報道がつづき、相互の解決を控えていた個人的なことが“盗撮”という言葉で世間に伝えられ、現在私はもちろん、女性の方は大きな不安に陥っています。本日の午前にも相手の女性の方は、検察に嘆願書を追加で提出し、状況の速やかな終了を望んでいます。
その方は善良で将来を嘱望される女性です。また、大衆からの関心に慣れていない一般人であるため、大きな苦しみを訴えており、状況がこのように拡大されたことについても、深く後悔しています。
しかし、このすべての状況の始まりを提供したのは、すべて私の責任であります。私も当時遊びで撮影したものが、今こうやって知らされ、物議を醸し出すとは全く想像もできず、自分だけが堂々であればと愚かに考えていたことが、大きな過ちでした。
 女性の方に心より謝罪したく、苦しみを与えた未熟な行動についても深く反省しています。また、大衆の前で明るい姿をみせるべきの芸能人としても、軽率な姿をみせてしまいました。守らなければならない線を超えてしまったことについて、もう一度深く謝罪します。
また、今の状況で私が出演している番組と仲間たちにもご慶枠をおかけすることになり、心からお詫び申し上げます。今後、番組の出演と関連されたすべての決定は、該当番組の関係者方の処分に従うようにします。
そして、今回のメディア報道によって捜査機関から追加的な捜査を求められる場合にも、私はすべての過程で誠実に臨み、申し上げたすべての事実関係が真実であることを明かします。
 軽率な行動でファンと家族、関係者の方々に被害と失望を与えてしまったこと、もう一度謝罪の言葉を申し上げます。申し訳ありません。



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10