© Glove Entertainment


実力派バラーダー、パク・ヒョシン(34)のニューアルバムが音楽チャートを席巻中だ。


3日午前0時より音源配信をスタートしたパク・ヒョシンの7thフルアルバム「I am A Dreamer」は、Wタイトル曲『Home』と『Beautiful Tomorrow』で韓国8つの音源チャート1、2位を記録し、先行配信曲『息』をはじめ、『Wonderland』『The Dreamer(I am A Dreamer)』『I'm Your Friend』『Li-La』など、収録曲のほとんどが各チャートの10位圏内にランクインしている。




「I am A Dreamer」は、パク・ヒョシンが2010年に発売した「Gift Part.2」以来、およそ6年ぶりに発表する7枚目のフルアルバムで、節しながらも語るように歌う歌唱と洗練された編曲による叙情的なサウンド、慰めを与える歌詞などでオーディエンスを魅了し、ウェルメイド・アルバムとして好評を博している。
パク・ヒョシンが自ら総括プロデュースを務め、これまで磨いてきた力量をすべて注ぎ、収録曲のほとんどを作詞、作曲してオリジナリティーを追求した。
さらに、イギリスのバンドMamas Gunのアンディー・プラッツをはじめ、世界で実力を認められているエンジニア、韓国のチョン・ジェイル、キム・イナ、キム・ジヒャンなどの有名アーティストが意気投合してアルバムのクオリティーをいっそう高めた。


特に、もう一つのタイトル曲『Home』は、なんと6分8秒に達する長い楽曲で、今の音楽市場ではなかなか聴くことが難しい試みでもあり、これまでとは違うパク・ヒョシンの実験的な楽曲と評価されている。


パク・ヒョシンは10月8日より約2週間、ソウルの蚕室室内体育館にて全6公演の単独コンサートを開催し、同公演でニューアルバムの収録曲を初披露する。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10