(C)Digital Adventure


10月1日、「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016」が横浜アリーナにて昼夜2公演開催した。SUPER JUNIOR-KYUHYUN、K.will、2PM、NCT、BEE SHUFFLE が出演、SUPER JUNIOR-LEETEUK、増田英彦(ますだおかだ)がMCを務め、大盛況に終えた。


日韓混合グループBEE SHUFFLEのパフォーマンスで幕を開け、次に登場したのはSM エンターテインメントの期待の新人グループNCT。NCT U、NCT Dream、NCT127など複数のユニットで活動しているNCTはデビュー曲の「The 7th Sense」などでフレッシュな姿を見せた。NCTには日本人メンバーYUTAが所属しており、この日のMCはYUTAがリード。出身の関西弁でNCTをアピールし、「これから日本でも頑張って活動したい」と意欲を示した。


(C)Digital Adventure


続くK.willのステージでは、韓流ドラマファンにもなじみの深い『太陽の末裔 Love Under The Sun』のOST曲や、ヒット曲「恋しくて恋しくて恋しい」などで、実力派バラード歌手の魅力をいかんなく披露。そしてSUPER JUNIOR-KYUHYUNは、「Celebration~君に架ける橋~」など日本語曲や韓国語楽曲「光化門で」などを切々と歌い上げた。8月下旬には声帯結節で活動をしばらく休止していたが、透明感のある歌声を披露し、ファンを安心させるとともに、うっとり酔わせた。


(C)Digital Adventure


ラストを飾ったのは2PM。新曲「Promise(I’ll be)」をはじめ、「My House」「ミダレテミナ」などを次々と披露すると、観客の盛り上がりは最高潮に。2PMは26日・27日に控える東京ドーム公演への期待感も口にしたが、一部メンバーの兵役のため現体制での活動が残り少ないこともあり、観客の声援は最大級になり、イベントの最後を大いに盛り上げた。


またLEETEUKは、この日は巧みなMCはもちろん、増田の“相方”として覚えたてのギャグを披露するなど観客を盛り上げた。また、後輩となる新人グループNCTへの気遣いや、SUPER JUNIORの盟友KYUHYUNのパフォーマンスには格別な絆を見せる場面もあった。


(C)Digital Adventure


(C)Digital Adventure


なお、この日の模様はKNTVにて「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016 スペシャルエディション」が11月25日(金)午後10時05分~深夜0時35分、DATVにて「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016 ディレクターズカット版」が2017年1月に放送される。


(C)Digital Adventure


(C)Digital Adventure


THE FACT JAPAN|野﨑友子



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10