モーニング娘。'16|写真:MBC



篠崎愛。|写真:MBC


韓流文化祭「2016 DMCフェスティバル」のグローバルイベントとして企画されたMU:CON(ソウル国際ミュージックフェア)開幕特集「AMN(Asian Music Networks)ビッグコンサート」が6日夜、ソウルの上岩文化広場で開催された。


同コンサートは、K-POPの海外市場進出のために韓国の地上波放送局であるMBCが企画したAMNと、韓国コンテンツ振興院(KOCCA)のMU:CONが統合開催される開幕公演だ。

今年の「2016 AMNビッグコンサート」の司会は、ベテラン歌手のペ・チョルスとペク・チヨンが務め、公演のタイトルに相応しく、アジア各国の人気アーティストが出演し、華麗なステージが繰り広げられた。


特に、日本を代表するガールズグループ、モーニング娘。'16は、モーニング娘。としては8年ぶりとなる来韓ライブということで注目を集め、韓国でもたくさんの男性ファンを保有しているグラビアアイドルの篠崎愛が、ソロ歌手として韓国デビューステージを行った。
また、映画「私の少女時代-Our Times-」で人気を博した台湾の新生ディーノ・リー、2PMのニックンとコラボステージを披露したタイの人気グループRoom39まで、韓国での初ステージを華麗に飾った。


2PMのニックンxRoom3のコラボステージ。|写真:MBC


スチュワート・ゼンダーとThe Barberettesのコラボステージ。|写真:MBC


ジョルジオ・モロダー(右)。|写真:MBC


SISTAR。|写真:MBC


さらに、韓国のアーティストと世界的なプロデューサーとのコラボプロジェクトとして「MU:CON Collaboration」によるスペシャル公演が行われ、イギリスのジャミロクワイ出身のプロデューサーであるスチュワート・ゼンダーとThe Barberettesのコラボステージ、3回のアカデミー賞、グラミー賞を受賞したジョルジオ・モロダーが初めて韓国を訪問し、プロデューサーを務めたSISTARの新曲「One More Day」を初公開した。


SE7EN。|写真:MBC


U-KISS。|写真:MBC


SUPER JUNIOR-Mのチョウミ。|写真:MBC


Red Velvet。|写真:MBC


NCT 127。|写真:MBC


MONSTA X。|写真:MBC


24KとSNUPERのコラボステージ。|写真:MBC


また、韓国のアーティストとしては、SE7EN、U-KISS、SUPER JUNIOR-Mのチョウミ、SISTAR、Red Velvet、NCT 127、MONSTA X、SNUPERなどのK-POPアイドルから、ペク・チヨン、ゼアなどの実力派女性ボーカリストが出演し、現場を埋め尽くしたおよそ3千人の国内外ファンを魅了した。
この公演の模様は、10月10日(月)夜11時10分より、韓国のMBCチャンネルにて放送される予定だ。(ショーケースは7日~8日放送)


「DMCフェスティバル」は昨年につづき2度目を迎える祝祭で、放送コンテンツとICT(情報通信技術)、文化コンテンツが結合した高クオリティーを誇る韓流文化祭。
今年は、開幕公演の「祝祭の序幕」を皮切りに「2016アジア太平洋スターアワード」「レジェンド土土歌」「私は歌手だ-伝説の帰還」「みなさんの選択!覆面歌王」、6日(木)のMU:CON開幕特集「AMNビッグコンサート」、7日(金)「ラジオDJコンサート-Stand By Me」、8日(土)「Korean Music Wave」、9日(日)「DMC Rock Festival」、10日(月)「ソウル市立交響楽団-秋のファンタジア」、11日(日)「若さの祝祭-上岩で遊ぼう!」まで、11日間に渡り、毎日夜に上岩文化広場で開かれる。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10