日本・東京の新大久保K-plazaで開かれた「マッコリ流浪団」。写真は韓国で活躍している放送人KangNam(右)と広報専門家のソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大学教授。


韓国で活発な放送活動で人気を集めている放送人KangNamと広報専門家のソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大学教授が12日、日本・東京の新大久保K-plazaで「マッコリ流浪団」イベントを展開した。


KangNamは韓国と日本で活発な放送活動を通じて大きな人気を得ており、今回のマッコリ流浪団行事を切っ掛けとして日本の若者にマッコリを拡散すると期待される。
今回の行事を進行する徐教授は「『マッコリ流浪団』イベントは、若年と外国人を対象に文化コンテンツとマッコリを融合して従来のマッコリのイメージを改善し消費階層を多様化を目指している。マッコリ市場の活性化の一環として準備してきた」と伝えた。また、彼は「文化コンテンツの代表的アイコンの韓流スターを招請することで、日本現地の若者や韓国人留学生たちとマッコリを一緒に飲み、率直なトークコンサートや公演を通じてマッコリを自然に広報する予定だ」と付け加えた。


日本・東京の新大久保K-plazaで開かれた「マッコリ流浪団」。写真は韓国で活躍している放送人KangNam(右)と広報専門家のソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大学教授。


日本・東京の新大久保K-plazaで開かれた「マッコリ流浪団」。


これについて、KangNamは「私もマッコリがすごく好き。特に酒はお互いを親しくなれる良い媒介の役割を持つと思うからこそ今回のマッコリ流浪団を通じ、日韓の若者が一つにできる素敵な場を作ってみようと思うっている」と明らかにした。


この2014年、ソウル広場(クァンジャン)市場を皮切りに全国主要都市を回りながらナヨンソクピディ、ソン・イルグク、チョ・ジェヒョンさん、安聖基(アン・ソンギ)、チュ・スンギュン監督、チョン・ジュンハ、ハハとスカルなど多様な分野の有名人たちと一緒にしながらマッコリ流浪団は大きな話題を呼んでいた。


特に徐教授は「ドイツはビール、日本と言えば酒のように、グローバル時代にお酒は国家イメージを左右する文化の象徴であり、輸出の最大の商品となった。このように大韓⺠国のイメージを高め、我々の伝統酒を全世界にもっと多様な方法で広報していく予定だ」と伝えた。


韓国で活躍している放送人KangNam(右)と広報専門家のソ・ギョンドク誠信(ソンシン)女子大学教授。


一方、農林畜産食品部、農水産食品流通公社、(社)韓國マッコリ協会と共に企画され、今年3年目進行中の「マッコリ流浪団」は、観客と一緒に疎通する世界初の酒トークショーで、今後中国上海など世界主要都市から引き続き進行する計画だ。

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10