左からチョイ、ドンヒョン、ギョンジン。|写真提供:山本宏樹/deltaphoto/HY Entertainment


2016年2月17日に、ユニバーサルミュージック合同会社からシングル「Break Ya」で日本デビューし、オリコンデイリーランキング2位、ウイークリーランキング5位を記録したLU:KUSが、新たにL.A.U(エルエーユー)というグループ名で活動を開始。6月からスタートしたJAPAN LIVE「LOOK AT US」、「WE ARE LAU」が大盛況のL.A.U待望の2ndシングル「She’s Got Me」が10月12日に発売され、オリコンデイリーランキング6位(10月11日付)、タワーレコード渋谷店デイリー総合チャート1位(10月11日付)を獲得した。


発売日の10月12日には、タワーレコード渋谷店B1「CUTUPSTUDIO」にて、「She’s Got Me」発売記念記者会見を開催。兵役中のヘウォン、療養中のジンワンを除くドンヒョン、チョイ、キョンジンが登壇した。MCよりタワーレコード渋谷店デイリー総合チャート1位、タワーレコード全店シングルチャート2位のニュースを聞かされると、ドンヒョンは「本当ですか?信じられない…。いい思い出を作りたい。最後まで、応援お願いします」と喜びのコメント。


写真提供:山本宏樹/deltaphoto/HY Entertainment


そして「She’s Got Me」のコンセプトについて、チョイは「女性に心を奪われたという曲です。少しセクシーな感じです」と語り、曲作りについて、「この曲の作詞はチョイがサビの部分を、ドンヒョン、キョンジンは、それぞれのパートを韓国語で作って、それから日本語の先生と日本語にしました」と説明した。


OSM(大阪スクールオブミュージック)とタッグを組んだMV撮影については、「大阪の結婚式場で撮影して、とても楽しかったと」と目を輝かせたキョンジン。撮影後は「道頓堀でたこ焼きを食べて、ボーリングをしました」とチョイとドンヒョンが声を弾ませた。


特長的なネクタイダンスについては、「ネクタイというアイテムが僕の中にあって、ダンスの先生と相談して、メンバーみんなと作りました」と真剣に語るチョイに、「見せてください」とキョンジンが提案すると、照れながらも披露したチョイに記者から歓声が上がった。


「She’s Got Me」のタイトルにちなんで、最近心を奪われたものを聞かれると、「一蘭のラーメン!」と三人の意見が一致。ファンからのコールについては「SNSで募集して、ファンの皆さんからの意見を聞いて、事務所と僕たちで決めました。皆さんの声援が力になります」とメンバーはとても気に入っている様子だ。


写真提供:山本宏樹/deltaphoto/HY Entertainment


今後の活動については「今は決まっているスケジュールを3人で最後までやり遂げたいです。そして、韓国カムバックや、また日本での活動をがんばっていきたいので、応援よろしくお願いします」ドンヒョンが締めくくった。


ライブでは洗練されたダンスパフォーマンス、熱い歌唱でファンの心を奪った。ライブ後の特典会でファンとの交流中に、スタッフから呼ばれたメンバー。ステージに戻ると、「僕たちオリコンデイリー6位です!へウォン、ジナンありがとう、ジニ、チョイ、ありがとう」二人を引き寄せ、喜びを分かち合うドンヒョン。ファンからも「おめでとう!」という声が送られ、涙するファンの姿もあった。


L.A.UはこれからTV出演、リリースイベント、ライブと10月21日まで3人で駆け抜ける予定だ。
 

★日本オフィシャルBLOG 
http://ameblo.jp/lukusclub
★日本オフィシャルtwitter :
@LAUJP_Official
★日本オフィシャルファンクラブ
http://lau-official.com/



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10