超新星のユナクとソンジェ|(C)Tomoko Nozaki


障がい者スポーツを応援するスポーツ×文化の祭典「スポーツ・オブ・ハート・ミュージックフェス2016」が、10月14日から16日までの3日間、東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催された。


同イベントは、障がい者も健常者も一緒に楽しめるスポーツと文化のイベントを通して、障がい者アスリート・アーティストの凄さや魅力を発信し、彼らの社会的な知名度の向上を目指し開催されるもの。最終日の16日は、趣旨に賛同したK-POPアーティストが大集結。超新星(ユナク、ソンジェ)、B1A4、April、EPIK HIGH、VIXXが出演してK-POP公演が昼夜2公演行われ、大盛況のうちに幕を閉じた。


トップを飾った超新星のユナクとソンジェは、「クリウンナレ~キミに会いたくて」に始まりメンバー4人の不在を吹き飛ばすようなパワフルなパフォーマンスを披露。ソロ曲を含め12曲を熱唱し、「1月25日、僕たち2人のアルバムが発売されるので、楽しみにしてください」と新譜リリースを発表。「冬にぴったりなステキな曲もできます。ステキなコラボもできそうなので、楽しみにしてください」と期待を持たせた。


B1A4|(C)Tomoko Nozaki


B1A4は「Beautiful Target」「Solo Day」などヒット曲を中心に披露。サンドゥルが「僕のソロアルバムが発売されました! タイトルは『そのままでいて』」とPR。メンバーのリクエストでアカペラで歌って見せた。さらに「日本でサンドゥルのサイン会がある」とシヌがフォロー。また、現在韓国で大人気のドラマ『雲が描いた月明かり』で、キム・ユンソン役を好演中のジニョンは自己紹介で「優しいカリスマリーダー、ユンソンです(笑)」と語っていたが、「日本でも11月から放送されるので、愛してください」とこちらも笑顔でPRしていた。


美少女アイドルApril(エイプリル)|(C)Tomoko Nozaki


紅一点となった美少女アイドルApril(エイプリル)は若さ爆発、セーラー服風のフリフリ衣裳でキュートな魅力を見せたあとは、韓国HIP HOP界のベテラン人気ユニットEPIK HIGHが圧巻のステージを披露。アイドルとは違うK-POPの真髄を感じさせた。


EPIK HIGH|(C)Tomoko Nozaki


最後に登場したのはVIXX。「Chained Up」から激しいダンスパフォーマンスで観客を引き付けた。「Fantasy」では衣装替えして再登場し、6曲目「Hanakaze」で本編を終えるもアンコールの「Heaven」で会場を埋めたファンに最後の渾身のパフォーマンスを見せた。また「もうすぐ韓国で、僕たちのアルバム『Kratos』が発売になります。期待してください」とPR。「皆さんのおかげで、きょうも本当に幸せでした。ありがとうございます、これからもVIXXは一生懸命頑張りますから応援してください。いつもそばにいてください」とファンに熱いメッセージを送ることも忘れなかった。


VIXX|(C)Tomoko Nozaki


THE FACT JAPAN|野﨑友子


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10