19日、ソウル・景福宮(キョンボックン) 興礼門(フンレムン) 広場でKBS2TVドラマ「雲が描いた月明かり」のファンサイン会が開かれた。|イ・セロム記者


ドラマ「雲が描いた月明かり」の視聴率20%突破記念ファンサイン会が開催された。


19日、ソウル・鍾路区にある景福宮(キョンボックン) 興礼門(フンレムン) 広場で前日放映終了したKBS2TVの月火ドラマ「雲が描いた月明かり」の視聴率20%突破記念ファンサイン会が開かれた。サイン会にはドラマの主演俳優パク・ボゴム、キム・ユジョン、ジニョン、クァク・ドンヨンが参加し、感謝の挨拶を伝えた。


ファンサイン会に出席した「雲が描いた月明かり」主役たち。|イ・セロム記者


今回のサイン会は、ドラマの主演パク・ボゴムがある番組で「視聴率が20%を突破するとサイン会を開く」と約束したことがきっかけになった。現場はファンが殺到し、長蛇の列をできた。予想を超える人数が集まり騒然となったが、集まったファンたちは主演俳優たちと挨拶を交わしたり、サインをもらたりして、「雲が描いた月明かり」のファンサービスを満喫した。


ドラマ「雲が描いた月明かり」は、ネットユーザーレビュー9.9点を誇る同名の人気ウェブ小説を原作とした作品で、朝鮮後期の天才君主ヒョミョン世子をモチーブにし、歴史が記録しなかった朝鮮時代の青春たちの成長ストーリーを描いた宮中ロマンス作。放送終了した18日には、韓国全国視聴率基準で22.9%を記録した。


THE FACT|カン・スジ記者


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10