韓国歌手のブランド評判10月ビッグデータ分析で、防弾少年団が1位を記録した。


韓国歌手のブランド評判10月ビッグデータ分析で、防弾少年団が1位を記録した。


韓国企業評判研究所は22日、9月20日から10月21日までの韓国消費者に愛される歌手ブランド・ビッグデータ158,185,702件を分析した結果を発表した。
10月の歌手ブランド評判順位は防弾少年団、I.O.I、EXO、TWICE、Sechs Kies、イム・チャンジョン、Red Velvet、INFINITE、パク・ヒョシン、BLACK PINK、AOA、IU、EXID、BIGBANG、Davichi、SEVENTEEN、Ailee、Mamamoo、テヨン、Wonder Girls、VIXX、LOVELYZ、GFRIEND、キム・ヒョナ、ハン・ドングンの順だった。


1位の防弾少年団は参与指数5,196,677、メディア指数7,274,828、疎通指数4,124,736、コミュニティ指数716,585となり、ブランド評判指数17,312,826に分析された。9月のブランド評判指数より52.91%が増加した数値だ。
2位のI.O.Iは参与指数5,292,482、メディア指数6,859,314、疎通指数1,267,299、コミュニティ指数344,505となり、ブランド評判指数13,763,600を記録。9月より38.20%が増加した。
3位のEXOは参与指数1,351,776、メディア指数5,129,487、疎通指数4,351,248、コミュニティ指数1,532,605となり、ブランド評判指数12,365,116を記録した。9月のブランド評判指16,835,353より26.55%が下落した。


韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「防弾少年団が米国プロモーションや英語バージョンの歌が一つもないのに、驚くほどの記録を作り上げた。また、防弾少年団はSNSを最もよく活用するアイドルグループで、ファンとの積極的なコミュニケーションを通じて、ファンの参加を引き出している。YouTubeのようなグローバルSNSプラットフォームを通じて新たな記録を出していた」と分析した。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10