© YG ENTERTAINMENT


YGエンターテインメントによる新人ガールズグループBLACK PINK(メンバー:ROSÉ、JENNIE、JISOO、LISA)が、セカンド・シングル「SQUARE TWO」の発売を控え、同シングルに収録されるWタイトル曲『火遊び(PLAYING WITH FIRE)』と『STAY』のミュージックビデオのビハインドシーンを公開した。


YGは公式ブログ(http://www.yg-life.com/)をはじめ、BLACK PINKのYouTubeチャンネルなどに、まず「BLACKPINK – ‘STAY’ M/V BEHIND THE SCENES」を、続けて「BLACKPINK – ‘火遊び’(PLAYING WITH FIRE) M/V BEHIND THE SCENES」という総2本の映像を先行公開し、新曲に対する期待を高めた。


「BLACKPINK – ‘STAY’ M/V BEHIND THE SCENES」https://youtu.be/tSuKh0obBKE


「BLACKPINK - 'STAY' M/V BEHIND THE SCENES」http://www.vlive.tv/video/16151


新曲のミュージックビデオのメイキング映像は、ファンサービスなどの目的で撮影中のエピソードやビハインドストーリーが収められたもので、一般的には曲をリリースしてから公開している。特に、メイキングは新曲のネタバレにつながるため、通常はティーザーとして30秒内外の映像を新曲発表を控えて公開するが、今回BLACK PINKは、あえて先行公開という果敢なプロモーションを試み、それだけ新譜に込めている自信をうかがわせた。


新曲『火遊び』はシンセサウンドがパワフルに展開され、ミディアムテンポのメロディーとEDMドラムビートが際立つトロピカル・ハウスジャンルのダンスナンバー。愛する人に対して、コントロールできない自分の気持ちを燃える炎に喩えて歌う歌詞が、切ない恋に落ちた女性の気持ちを表現している。もう一つのタイトル曲『STAY』は、ひとりの少女の寂しい想いと孤独な感情を4人のヴォーカルとラップに込めたポップジャンルの楽曲となっている。


ニューシングル「SQUARE TWO」には、Wタイトル曲の『火遊び(PLAYING WITH FIRE)』と『STAY』、そして『口笛(WHISTLE)』のアコースティックバージョンを収録。BLACK PINKのデビュー曲を手がけたYGを代表する音楽プロデューサーのTEDDYが再び作詞作曲を務め、実力派作曲家であるソ・ウォンジン(Zion.Tの「楊花大橋」を作曲)、EDMとDubstepジャンルで有名なDJ兼作曲家のR.Teeと手を組んで楽曲の完成度を高めた。この3人はYG傘下の独立レーベルでTEDDYが主軸となるTHE BLACK LABLEのプロデューサーとしても活動しており、その実力は世界的に認められているだけに、今回のシングルに対する音楽ファンの期待も高い。


さらにBLACK PINKは、今度の2枚目シングル活動をより積極的に取り組むと予告。デビュー当時はショーケースのほか音楽番組出演のみにしたため、ファンからのリクエストが殺到していただけに、今回は、MBC every1の人気バラエティでアイドル番組の聖地と呼ばれる「週刊アイドル」に出演を決定しており、音楽番組のMnet「M COUNTOWN」、SBS「人気歌謡」などでカムバックステージはもちろん、出演回数も増やしていくという。


BLACK PINKのセカンド・シングル「SQUARE TWO」は、11月1日(火)にリリースされる。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10