写真:花郎文化産業専門会社、oh! boy project


新ドラマKBS2TV新月火ドラマ「花郞(ファラン)」(脚本:パク・ウニョン、演出:ユン・ソンシク)の男女主演を演じるパク・ソジュン、Ara、パク・ヒョンシクの初共演が、期待を集めている。


同ドラマの制作陣は2日、ドラマの男女主人公である3人のキャラクターポスターを公開した。
まず、ムミョンという名前からのち、花郞のソヌとして生きるパク・ソジュンは、ポスターから余裕のある表情とともにナルシストのような表情をみせ、興味をそそる。今作で彼は、1回限りの人生をすらすら自由に生きたい人物で、タフな男性の魅力と母性愛を刺激する切ない演技を披露する予定だ。


写真:花郎文化産業専門会社、oh! boy project


ヒロインのアロを演じるAraは、爽やかでハツラツな姿で視線を引く。彼女は眞骨(新羅時代に血統によって分けた身分=骨品のなかで二番目の等級)と賤民の間で生まれた半分貴族だが、誠実で前向きな女性だ。


写真:花郎文化産業専門会社、oh! boy project


気品あふれるビジュアルをみせるパク・ヒョンシクは、“顔のない王”という運命から離れ、世の中に出ようとするサムメクジョンを演じ、王座を継ぐ聖骨(父母が両方とも王系の人)としてカリスマ性を放つ予定だ。


新ドラマ「花郎」は、韓国のドラマ史上初めて新羅時代の花郎(新羅の軍事的訓練や文化的教育機関としての青年組織制度、またはそのリーダーを指す)を本格的に描く作品。1500年前、新羅の首都・徐羅伐(ソラボル)で活躍した花のような男“花郎たち”の情熱と愛、成長を描く青春時代劇で、パク・ソジュン、パク・ヒョンシク(ZE:A)、Araを筆頭に、チェ・ミンホ(SHINee)、ド・ジハン、ソ・イェジ、チョ・ユンウ、キム・テヒョン(防弾少年団・V)、イ・グァンス、チョン・ヨンフン(HALO・OOON)などが出演し、12月19日に韓国KBS2TVより放送スタートする。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10