9月2日(金)にDVDが発売となった、映画『知らない、ふたり』の購入者対象のイベントが11月3日(木・祝)に行われ、韓国の人気グループNU’ESTのメンバーがイベントに登壇した。


本イベントは、NU’ESTファンクラブ会員限定のDVD『知らない、ふたり』購入者キャンペーンのひとつで、NU’ESTのメンバー5名がそろって登壇。集まったファンの前で『知らない、ふたり』のメイキング映像上映&生コメンタリーを行った。


本作は、日本のホン・サンスと評される今泉力哉監督による恋愛映画で、韓国の人気グループNU’ESTのメンバーが出演したことでも話題を集めた一作。
本人たちによる約1時間の生コメンタリーという贅沢な時間のなかで、共演者たちとの想い出話が次々と飛び出した。


撮影時のことを思い出したレンをはじめ、メンバーは、現場の雰囲気について、「みんな優しくて、雰囲気がとても良かったです。家族みたいな感じだったので、また集まりたいです!」と、熱く感謝の気持ちを示した。



また、イベント終了と思わせたところで、サプライズでバースデーケーキが登場。
この日、11月3日(木・祝)はレンの21歳の誕生日で、みんなでサプライズのお祝いすることに。ケーキが登場するとレンは言葉を失うほど感動した様子で、メンバーと会場のファンがお祝いの歌を歌い、一体感あるバースデーイベントに様変わりした。


忘れられない21歳の誕生日に、そこにいた全員が感動を共有し、約1時間のファン限定プレミアイベントは幕を閉じた。


レン


レン:僕にとっても忘れられない思い出になりましたし、みなさんにとってもこのDVDが想い出の一枚になってくれたらうれしいです。DVDを観て、僕たちの気持ちに共感してほしいです。ぜひ観てください。


アロン


アロン:発売になってうれしいです。みなさんも楽しんで観てほしいです!


JR


JR:撮影の時、スタッフさんたちが皆優しくしてくれて、僕たちは元気をもらって撮影ができました。ありがとうと言いたいし、またご飯を食べたり、想い出を作りたいです。僕たちにとって大事なDVDなので、ファンのみなさんも大事にしてくださいね。


ミンヒョン


ミンヒョン:大きいスクリーンに僕たちが出てくる姿を初めて観て、信じられない気分だったし、複雑な気持にもなりました。大勢の人たちで頑張って撮影をしたので、僕たちが撮影していた時の感情を今度はDVDで観る人たちが感じてほしいです。


ベクホ


ベクホ:短い期間だったけれど、幸せでした。音楽活動を頑張ればこういった機会が増えると思うので、もっと歌も頑張っていきます。僕は面白い映画があったらメイキングの映像を観ますが、観るとその映画をもっと理解できるので僕たちのDVDでも観てくださいね!







【STORY】
お互いの想いを“知らない”7人の男女の視線が交差する―新世代の恋愛映画監督・今泉力哉が描く、すれ違いの群像劇。
人との接点を避けている靴職人見習い・レオンは、ある日、酔って寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女を忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に想いを寄せる女性・小風。彼女に一目惚れする客・サンス。サンスはソナの彼氏・ジウと日本語学校に通っていた。その講師・加奈子には車いす生活の荒川という彼氏がいたが、ジウは密かに加奈子にも想いを寄せていた。荒川が怪我をした過去に、レオンは少なからず関係があった。お互いの想いを“知らない”男女が一歩踏み出したとき、物語は思わぬ方向へ―。
『知らない、ふたり』DVD発売中
発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン


【初回限定生産特別版DVD-BOX(DVD 2枚組)】\6,200(本体)+税
<映像・音声特典/封入特典(☆は特別版のみの収録)>
①本編ディスク
・映画本編
・NU’ESTによるオーディオコメンタリー(日本語字幕対応)☆
・ビハインド・ザ・シーン(NU’ESTメンバーそれぞれのクランク・インやクランク・アップの様子などを描いた海外動画配信用の特典映像として作られたプロモーション映像9選)☆
・劇場特報 ・劇場予告編 ・海外版予告編
②特典ディスク
・キャストインタビュー集☆
(レン/青柳文子/韓英恵/ミンヒョン/JR/アロン&ベクホ/芹澤興人/木南晴夏)
・初日舞台挨拶(今泉力哉監督&青柳文子、韓英恵、芹澤興人、木南晴夏による舞台挨拶)
・NU’ESTファンクラブ上映会舞台挨拶☆
・レン君の東京国際映画祭密着映像☆
・レン君からのプレゼント映像☆
③DVD特製BOX ☆
④PHOTO BOOK (28P)☆


【通常版】 \4,200(本体)+税
 <映像・音声特典(○は通常版のみの収録)>
①メイキング(本作の舞台裏、キャストインタビューなどを収録したメイキング映像)○
②初日舞台挨拶(今泉力哉監督&青柳文子、韓英恵、芹澤興人、木南晴夏による舞台挨拶)
③予告編集(特報、予告編、海外版予告編)
音声特典:出演者コメンタリー(今泉力哉監督、青柳文子、韓英恵、芹澤興人)○



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10