SBS新水木ドラマ「青い海の伝説」の制作発表会が14日、ソウルで行われた。写真は、同ドラマで男女主演を演じるイ・ミンホとチョン・ジヒョン。|イ・ドクイン記者


俳優イ・ミンホと女優チョン・ジヒョンが、初共演の感想を明かした。


14日、インペリアルパレスソウルでSBS新水木ドラマ「青い海の伝説」(脚本:パク・ジウン、演出:チン・ヒョク)の制作発表会が行われた。


同ドラマで男女主演を演じるイ・ミンホ、チョン・ジヒョンが出席。出演を決めた理由を聞くと、まずチョン・ジヒョンは、前作「星から来たあなた」のパク・ジウン脚本家ともう一度作品作りができたことに嬉しい気持ちを表しつつ、「何よりパク脚本家との再会に大きな期待があったし、イ・ミンホさんと一緒に息を合わせてみたくて、出演を決心した」と伝えた。


また、イ・ミンホとの演技については、「はじめは役作りで大変だったけれど、撮影が重なることで余裕ができたし、息を合わせることも自然になってきた。今はお互いいろんなことを会話しながら撮影しているので楽しい」と感想を述べた。


これにイ・ミンホは、「脚本家、監督を信頼していたし、チョン・ジヒョン先輩と一緒に作品ができることが嬉しかった。きっといい作品になると期待している」と明かしつつ、共演の感想については、「最初は先輩が漂う雰囲気がほかの先輩たちと違っていて、親しくなるのに少し時間がかかったけれど、徐々に慣れてきて特に難しいこともなく、気楽に自然な演技ができた」と答え、作品に対する期待を高めた。


「青い海の伝説」は、韓国初の野談集(朝鮮時代の物語本。広く民間に伝わる野史,巷談,街説,軍談などが収録)と言われる於于野談にある人魚の物語をモチーフとしたファンタジーロマンス作で、過去と現在を行き来するストーリーとともに、ヒロインを演じるチョン・ジヒョンはソウルで厳しい生活を送ることになる人魚のシムチョン役を、イ・ミンホはそんなシムチョンと恋に落ちる詐欺師ホ・ジュンジェ役を演じる。
ほか、イ・ヒジュン、シン・ヘソン、ムン・ソリ、イ・ジフン、パク・ヘス、ソン・ドンイル、ファン・ジネ、ナ・ヨンヒ、シン・ウォノ(CROSS GENE シン)、パク・ジニョン(GOT7 ジニョン)などの豪華キャストに、ヒットメーカーのパク・ジウン脚本家とチン・ヒョク監督が意気投合したことで話題を呼んでいる注目の作品だ。
11月16日(水)夜10時より、韓国SBSチャンネルにて放送スタート。




  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10