韓国で最も進歩したサムギョプサルのバーベキューとして、数年に渡ってNo.1の名声を保っている「チョルドゥンノム」が、遂に日本の東京・新大久保に上陸した。


韓国で最も進歩したサムギョプサルのバーベキューとして、数年に渡ってNo.1の名声を保っている「チョルドゥンノム」が、遂に日本の東京・新大久保に上陸した。


今年、新宿、新大久保のメインタウンに初の直営店をオープンしたチョルドゥンノムは、現在、“煙を出さずに、スモークの匂いがいっぱいの、プレミアムなサムギョプサルのバーベキュー“として、日本の消費者たちと女心を掴み、韓国式バーベキューの熱風を保っている。


新大久保の韓流タウンを訪れる様々な人たちの嗜好を掴んでいるチョルドゥンノムは、数年の時間をかけて直接開発した機械を用いて、煙を出さずに肉を焼いて食べるという新たな試みと、ふんだんなサラダとリゾットなどといった西洋料理とフュージョンしたメニューによって、独特な串焼きの文化を、他の飲食店に先駆けてお見せしている。


韓国式のサムギョプサルを焼く時には、辛い煙と肉の脂のにおいがついてしまうことが普通であった。しかし、チョルドゥンノムが独自に開発した焼き機と、肉を食べる方法によって、このような問題点は完全に解消。煙を出さずに4時間燻煙させることで、油気が無くなりスモークの匂いをふんだんに纏ったサムギョプサルと、見事にサラダとフュージョンした韓国料理とを一緒に食べる方法は、今までの焼肉料理店とは確然とした違いを見せ、日本の若い世代を中心に、絶大な人気を集めている。


数年に渡ってNo.1の名声を保っている「チョルドゥンノム」が、遂に日本の東京・新大久保に上陸した。


韓国のチョルドゥンノムは、韓国で1番の繁華街であるソウル・明洞と江南で、数年に渡って焼肉マニアたちの名所としてNO.1の位置を占めており、アメリカ三大メディアであるNBC、FOXなどに、最も革新的なコリアンバーベキューとして紹介されるなど、その人気を保っている。


チョルドゥンノムの魅力は、“味”だけでなく、その“雰囲気”も含まれている。チョルドゥンノムだけの独自の焼き機が誕生した背景である“焼き機製作所”をモチーフとした工場のようなインテリアは、チョルドゥンノムだけの独特な雰囲気を持ち、お客様に一風変わった体験を提供し、お客様の五感を満足させる。




最近、中国、日本に進出したチョルドゥンノムは、来年までにアメリカ・アトランタ、ニューヨーク、ロサンゼルス、オーストラリア・シドニーに店舗をオープンする予定であり、全世界にチョルドゥンノムのバーベキューをお伝えするところである。
(株)チョルドゥンノム 韓国の本社から、日本内のチョルドゥンノムのMF(マスターフランチャイズ)事業権を独占輸入した会社は、日本内の多様な外食事業を展開し、日本でにっこりマッコリとして有名な(株)E-DONグループである。日本のチョルドゥンノムブランドを、新大久保直営一号店を始めとし、日本全国に拡張させる予定である。


(株)E-DON HDのキムヒョソプ会長は、「韓国で一番人気のある焼肉ブランドであるチョルドゥンノムをランチングし、韓国で最もトレンディーな韓国式バーベキューの文化を日本に伝えることになって嬉しい」とし、「日本のチョルドゥンノムの目標は、韓国の焼肉革命家チョルドゥンノムを越え、日本で『焼肉の匠』チョルドゥンノムとして、新しい味で認められる日本全国区ブランドとして位置づけされることだ」と抱負を語った。


ホームページ:http://ironnom.jp/ 



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10