ラッパーのSan E。|THE FACT DB


ラッパーのSan E(31)が、韓国の現時局を批判する気持ちを収めた新曲で話題だ。


24日から各音楽サイトを通じて音源配信を開始したSan Eの新曲『*ナプンニョン(Bad Year)』は、リリースと同時に韓国の主要チャートで1位を席巻した。
(*나쁜 년→ ナプン나쁜=悪い+ニョン년=女性をさげすんで言う言葉:女郎 ⇒「悪い年(Bad Year)」と発音が同じ)


San Eが作詞、作曲したこの曲は、「崔順実(チェ・スンシル)ゲート事件」による現時局への批判を、別れた恋人に比喩している。


歌詞には「は…(ため息⇒下と発音が同じ)や…(おい⇒野と発音が同じ)。こうなろうと君を信じただろうか/君は口で吐いた約束を毎回破って。いい加減変えれば?そのレパートリー。君はただ操り人形、マリオネットだっただけ/丙申年よ、早く終わって。丁酉年は赤い鶏の年だ」などと書かれており、特定人物たちの名前などを挙げる巧妙な発音の歌詞で皮肉っている。
特に、「ただすべてを任せた“まま(チェと発音が同じ)”“息する(スンシルと発音が同じ)”と聴こえ、批判とともに面白みも伝わるという評価だ。


THE FACT|イム・ヨンム記者



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10