CUBEエンタとの再契約と関連し悩んでいたBEASTが独自の事務所を設立するという報道が出た。


CUBEエンタとの再契約と関連し悩んでいたBEASTが独自の事務所を設立するという報道が出た。


韓国マスコミは29日、「これまで水面下で香港系のエンターテイメント社と協議してきたBEASTがアルバム部門の事業チームを作る準備をしている」とし、新事務所設立に拍車をかけていると報じた。社名はBEASTのヒット曲『GOOD LUCK』にする計画だという。


韓国音楽業界ではBEASTとCUBEエンタが再契約しない方向で動くだろうと予測していた。一部のメディアでは「互いに自身の道を歩むことに結論付けた」とも報じていた。BEASTが独立する場合、一番の問題は“BEAST”というチーム名をそのまま使えるのかだ。BEASTが“BEAST”を維持するかどうか、現在は未知数だ。CUBEエンタがチーム名はもちろん、BEASTの発表曲の著作権も保有しており、それを条件なしで譲るとは考え難いからだ。


今年9月にCUBEエンタと7年間の専属契約が満了したBEAST。一応独立の方向に動く模様だが、BEASTがBEASTとして存続するにはまだハードルが高いそうだ。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10