(C)Tomoko Nozaki


11月16日に2ndシングル「FREEDOM」をリリース。5月の日本デビューシングル「今すぐに」では、“ロマンチック彼氏ドル”(彼氏+アイドル)としてキュートな彼氏イメージで魅力を振りまいたが、今回はワイルドな姿でカッコいい男のイメージを披露。次なるステージへステップアップを図るJJCCにインタビューした。


――「FREEDOM」がついにリリース!作詞、作曲をメンバーが手掛け、レコーディングでもセルフプロデュースされたとか。どんなところがポイント?
サンチョン:「『FREEDOM』はタイトル通り、自由のための歌。いろいろなプレッシャーなどを抱えてると思うのですが、そういったものから解放されて自由になろうよ、というメッセージが込められているので、気楽に、自由に聞いて感じてもらえればと思います」
イコ:「メンバーみんなのフリーダムが、それぞれの色が染み込んでいる楽曲です」
シンバ:「フリーダムをみんなに向かって叫んでいます。組み取って応援してもらいたいです!」
イコ:「ラッパーのために作った曲だったのですが、すごく曲がよくて…」
サンチョン:「曲が出来て、タイトルを『FREEDOM』にしよう、ということになって、そしたら詩もすぐに浮かんできて…みんなで詩を作り上げていきました」
エディ:「サビの部分で自由を強調したかったですね」
サンチョン:「みんなで意見を出し合って、よりいい曲にしようと作り上げていきました」
エディ:「『FREEDOM』のダンスはクールな振り付けで、休むところがなく、とにかく今までの振り付けの中で一番ハードです。でもカッコいいです」


――レコーディング、MV撮影などでのエピソードは?
エディ:「シンバがだんだん怖くなっていきました(笑)。もう1回、もう1回、と声も出なくなるぐらい。怖かったけどシンバの新しい姿を発見できました(笑)。僕は…レコーディング室でエアコンは付いてるんですけど、すごい汗かいてました」
イコ:「MVの撮影のとき、小道具が目のところに当たって目が赤くなっちゃったんですけど、そのまま使ったんですが、それがむしろ強いイメージに表現されたような気がしました。それから、シンバの女性とのダンスシーン。MVではかっこよく決めてますけど、初めての女性とのダンスだったんですよ。すごく恥ずかしがっていて、可愛かったです(笑)」
シンバ:「あれは、振り付けレッスンのときはパンツ姿だったのに、本番ではスカートだったのでちょっとびっくりして…ハズカシイ~(笑)」
イコ:「つまらないことなんですけど、この曲すごく激しいダンスで、(レッスンで)踊っていると床が汚れちゃって、それをみんなで掃除しながら、それでも激しい練習をしたのが、つらかったけど楽しかった思い出ですね」


(C)Tomoko Nozaki


――リリースイベントなどで「FREEDOM」へのファンの反応はどうでしたか?
サンチョン:「ステージに上がった時、ファンの方たちの反応が前と全然違いましたね。『今すぐに』の時はわ~かわいい~っていう感じの歓声だったのが、今回はお~うぁ~とびっくりしながらうっとり、みたいな?感じに変わって…」
イコ:「この活動で、男性ファンも増えたんじゃないかな!?」


――「FREEDOM」にちなんで、メンバーの中で一番の“自由人”と言えば?
全員「サンチョン!!」
サンチョン:「認めます。自分でもそう思うので(笑)」
イコ:「末っ子なのに、自己主張が強いんだよね(笑)」


――1週間自由に過ごしていいよ、と言われたら何をしたい?
シンバ:「福岡に行ってみたいです。前に番組で見て、すごくきれいだったので」
ジカ:「USJ!行ったことがないけど、キャラクターとかも好きで…ファンの方たちからグッズとかいただいて、ますます行きたいと思ってます!」
サンチョン:「一人旅がしたいですね。海の近くとか…何も考えないで過ごしたいです」
エディ:「海外旅行。・海でスキューバとかジェットスキーとかしたいです」
ユル:「子供のころから世の中すべての食べ物を食べるのが夢だったので、それがやりたいですが、1週間なので…JJCCの宣伝をしてあちこちを回ります!」
イコ:「しばらく実家に帰っていないので、家族と旅行に行ったりしたいですね。家族は僕抜きでは旅行に行ってるみたいなので(笑)」


――今後、やりたいことは?
イコ:「たくさんの公演をやりたいですね。ファンとたくさん会いたい。これまで、スペシャルイベントやショーケースはやりましたが、本格的な単独公演がやりたい!頑張ります!!」


日本デビューして、半年余り。コンセプトを変えたということではなく、JJCCの多面性、多様性を見せた「FREEDOM」。そして、メンバーが待望していたライブツアーの開催も決定した。韓流グループ最速での東名阪ツアー「~聖なる夜に舞い降りる6人のサンタクロース~JJCC 1st JAPAN TOUR 2016 "FREEDOM"」が、12月23日東京、同24日名古屋、同25日大阪で開催される。このライブでJJCCのまた新しい姿に出会えるか。さらなる進化が見られるのか。期待したい。


【公演概要】
JJCC 1st JAPAN TOUR 2016 "FREEDOM"

日時:2016年12月23日(金・祝)[1部]開場 12:00 / 開演 13:00
[2部]開場 17:00 / 開演 18:00
会場:東京・表参道 Wall&Wall(http://wallwall.tokyo/

日時:2016年12月24日(土) [1部]開場 12:30 / 開演 13:30
[2部]開場 17:30 / 開演 18:30
会場:名古屋・VERSUS東海ホール(http://versustokai-hall.com/

日時:2016年12月25日(日) [1部]開場 12:30 / 開演 13:30
[2部]開場 17:30 / 開演 18:30
会場:大阪・梅田 Zeela(http://osaka-zeela.jp/

料金:各部共通:前売 6,000円 /当日 6,500円
オールスタンディング/別途ワンドリンク代要
チケット発売:2016年12月5日(月) 午前10時~
問合せ先:LGD Scene Creats(info@lgd-sc.jp

※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
※お車での来場はご遠慮ください。
※未就学児童の入場不可。


(C)Tomoko Nozaki


(C)Tomoko Nozaki


(C)Tomoko Nozaki


(C)Tomoko Nozaki


(C)Tomoko Nozaki


(C)Tomoko Nozaki


THE FACT JAPAN|野﨑友子



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10