防弾少年団。|THE FACT DB


防弾少年団が、ボーイズグループのブランド評判1位に上がった。


韓国企業評判研究所が11月9日から12月10日までリサーチしたボーイズグループのブランド・ビッグデーター3,599万4,778個を、消費者の行動分析を通じてボーイズグループぼブランドに対する参加指数・疎通指数・評判指数を測定した結果、防弾少年団が首位を記録した。
この評判指数は、ボーイズグループに対する肯・否定評価、メディアの関心度、消費者の関心と疎通量の測定を通じて計量化されたものだ。


12月のボーイズグループのブランド評判ランキングは、防弾少年団、EXO、SEVENTEEN、Sechs Kies、BTOB、B1A4、BIGBANG、VIXX、SHINee、INFINITE、BEAST、WINNER、Block B、B.A.P、MONSTA X、SUPER JUNIOR、SHINHWA、2PM、東方神起、FTISLAND、2AM、JYJ、TEENTOP、ZE:Aの順だった。
防弾少年団は、参加指数266万2968、疎通指数465万426となり、ブランド評判指数は7,313,394を記録。2位のEXOは、参加指数93万6,320、疎通指数486万2,781でブランド評判指数は5,799,101だった。


韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は、「防弾少年団が1位に復帰した。今年10月10日に発表された2ndアルバム『WINGS』は、リリース前から予約売上が50万枚を突破し、発売初週に35万枚に近いアルバム売上を記録し、10月の1ヶ月間のみ68万1,924枚の売上を収め、話題を集めた。また、防弾少年団は『2016 MAMA』(今年の歌手賞)、『2016 MelOn Music Awards』(アルバム賞)で連続大賞を獲得した」と、今回の結果について分析した。


THE FACT|クォン・ヒョクキ記者



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10