写真:スター帝国


ZE:Aのメンバーらの専属契約が、今月7日をもって終了する。


韓国マスコミは6日、「メンバー9人の7年間の専属契約が7日に満了する」と報じた。

2010年シングル「Nativity」でデビューしたZE:Aのメンバーらは、これまで映画、ドラマ、バラエティ、ミュージカルなど多方面で活躍し人気を集めた。特に、シワンとヒョンシクは多数の映画・ドラマ作品を通じて演技力を認められ、現在は引っ張りだこの存在。ほかのメンバーらもそれぞれの分野で頭角を現しているため、ZE:Aの再契約の可否に多くの関係者が関心を示している。


記事によると、メンバー9人のうち、数人かは俳優専門の芸能事務所との専属契約も念頭に置いているという。現所属事務所のスター帝国はメンバーらと再契約を協議中だとしているが、多数のメンバーがほかの事務所に移籍することになると、“ZE:A”の解散も余儀なくされる可能性もある。
スター帝国側は、韓国マスコミに「メンバーたちと再契約を議論している」とし「現在、一部のメンバーたちが作品活動をしているため、契約が満了しても最後まで最善を尽くしてサポートする方針」と伝えた。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10