少女時代のユナが配信した個人ライブ中継の視聴者数が2千万人を突破し、話題を呼んでいる。


少女時代のユナが配信した個人ライブ中継の視聴者数が2千万人を突破し、話題を呼んでいる。


ユナは先週6日、中国最大のSNSである「Weibo(微博)」を通じて約1時間20分間にわたり、「ファンとユナのロマンチックなソウルデート」というコンセプトでライブ中継を実施し、約2千4十万人のファンと交流した。ユナは昨年12月9日にも個人ライブ中継を配信し、リアルタイム視聴者数は約1,993万人を記録したが、今回の2千万人突破で韓国アーティスト史上最高視聴者数を達成した。


今回の放送でユナは、ソウル・漢江(ハンガン)の夜景を紹介するコーナーをはじめ、近況トーク、Q&Aなど多彩なコンテンツでファンを喜ばせた。また、サプライズゲストとして映画「共助」に一緒に出演した俳優ヒョンビンが登場し、ユナを応援した。


ユナがスクリーンデビュー作として出演した映画「共助」は18日より韓国全土で公開され、現在はZE:Aのシワン、ホン・ジョンヒョンと息を合わせるドラマ「王は愛する」の撮影に取り組んでいる。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10