俳優イ・テソンがミュージカル公演中に呼吸困難を訴え、救急搬送された。現在は病院で治療を受けている。


俳優イ・テソンがミュージカル公演中に呼吸困難を訴え、救急搬送された。現在は病院で治療を受けている。


イ・テソン側は20日、「イ・テソンは、病院で治療を受けながら休息をとっている」と伝えた。復帰はまだ未定だという。
イ・テソンは今月4日から約2週間、ミュージカル「ザ・アンダードッグ(THE UNDERDOG)」のジン役にダブルキャスティングされた俳優キム・ジュンヒョンの健康上の問題で生じた空白を埋めるため、彼の舞台にも出演したが、14日に過労のせいで入院。医者の勧告によって4日間休憩を取った。


しかし、19日、また公演を準備していた際に蕁麻疹と目眩を訴え病院に運ばれた。当時、「公演は無理」という医師の所見にもかかわらず、イ・テソンは観客との約束を守るために舞台に上がったが、第2幕の公演中に呼吸困難と目眩の症状で再び病院に運ばれた。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10