© Big Hit Entertainment


防弾少年団の新曲が韓国のチャートはもちろん、世界のiTunesチャートを席巻中だ。


13日にリリースされた防弾少年団の新曲『春の日(Spring Day)』は、音源配信をスタートすると同時に韓国のMelOn、Mnet、Bugs!、Olleh、Soribada、genie、NAVER、Monkey3など8つのチャートで1位を獲得し、特に、アメリカのiTunesではTop 100 Songsの8位(同午前10時基準)をマークした。これはK-POPグループの中では、史上初となる記録だ。


さらに同チャートには、今回の新譜「WINGS外伝:YOU NEVER WALK ALONE」に収録されている『Not Today』『A Supplementary Story: You Never Walk Alone』『Outro: Wings』も上位圏内にランクされ、防弾少年団に対するアメリカリスナーの高い関心をうかがわせた。


この他にも、『春の日(Spring Day)』はフィンランド、マレーシア、シンガポール、香港、台湾、ベトナムなどの10カ国のiTunes Songsチャートで首位を記録しており、トルコ、ルーマニア、スウェーデンなどでは2、3位を獲得している。



ニューアルバムのタイトル曲である『春の日(Spring Day)』(https://youtu.be/xEeFrLSkMm8)は、これまで防弾少年団が発表してきたダンスナンバーやヒット曲とは違う新たな変化と音楽的な成長を試みた楽曲で、ブリティッシュロックの感性にエレクトロニクスサウンドを加えたオルタナティブ・ヒップホップとなっている。リーダーのRAP MONSTERが曲の主なメロディを作り、メンバーのSUGAも作詞作曲に参加している。


一方、本格的な新曲活動に乗り出した防弾少年団は、18日~19日にソウルで「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」の韓国公演を開催し、同ステージで『春の日(Spring Day)』のライブを初披露する予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10