俳優クォン・サンウが3年ぶりにお茶の間に復帰する。


俳優クォン・サンウが3年ぶりにお茶の間に復帰する。
 
クォン・サンウ側は15日、「KBS水木ドラマ『推理の女王』への出演が決定した」とし、「同ドラマでエリート刑事ハ・ワンスン役を演じる予定」と伝えた。2014年9月に放送終了したSBS「誘惑」以来約3年ぶりのドラマ出演となるクォン・サンウは、2001年ドラマ「神話」で初共演した女優チェ・ガンヒと16年ぶりに再会する。


クォン・サンウ側は「『推理の女王』は、正統派の推理作品の魅力や捜査の緊張感などがすべて溶け込まれており、出演を決心した」とし「3年ぶりのドラマ復帰作だけに、待ち望んでいたファンと視聴者に多様な姿をお見せしたい」と感想を伝えた。


「推理の女王」は推理の女王と呼ばれるソルオクと熱血刑事ワンスンがコンビとなり、迷宮入り事件を解決していく姿を描く推理ドラマ。4月より韓国で放送される予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10