ZE:Aのヒョンシクが主演ドラマ「花郎(ファラン)」の最終回を控えて感想を伝えた。


ZE:Aのヒョンシクが主演ドラマ「花郎(ファラン)」の最終回を控えて感想を伝えた。


ヒョンシクは21日、所属事務所を通じて、「暑い夏に撮影を始めて、監督やスタッフの方々、役者の方々、皆が本当に苦労した覚えがある。しかし、笑顔を浮かべられたのは、おそらく良い思い出として残っているからだと思う」とし、「本当に良い人々と出会って、幸せな時間を経験し、強い愛着が湧いた特別な作品だ。すべての方々に本当に感謝する」と感謝の言葉を伝えた。


続いて「初めての時代劇挑戦だっただけに、熱く取り組んだ作品だ」とし、自身が演じた役について「もちろん(自分の演技には)物足りなさもある。より多くのことを盛り込むことができなかった僕の未熟さを感じるが、皆さんの応援に支えられ、これからはより成長した姿でご挨拶できるようにする」と感想を語った。


ヒョンシクは同ドラマで、若い年で王になった“サムメクジョン”に扮し、威厳のある王の姿を繊細に表現して注目を集めた。特に、中低音のボイスと安定した演技力を披露し、好評を得た。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10