イ・ミンホが世界の子供たちのために250万円を寄付した。


イ・ミンホが世界の子供たちのために約250万円を寄付した。


ユニセフ韓国委員会は10日、「3月22日、“世界水の日”を迎え、俳優イ・ミンホの寄付プラットフォームPROMIZが2千5百万ウォンを寄付した」と伝えた。イ・ミンホは昨年にも、“世界水の日”を記念して寄付を行ったことがある。


イ・ミンホとPROMIZは集めた基金で、全世界9万2千人の子供たちが一ヶ月間きれいな水を飲むことができる飲料水浄化剤69万個、緊急救援パック138セットを購入し、ユニセフ韓国委員会に寄付した。ユニセフの緊急救援パックは戦争、自然災害などの緊急救援の状況で、子供たちに最も必要な救援物資で構成されている。
ユニセフ韓国委員会側は、「イ・ミンホから寄付された緊急救援パックなど、貧しい国の子供たちの水環境改善のために使う予定だ」と語った。


イ・ミンホは「昨年に続き、私とPROMIZがユニセフを通じて、たくさんの子供たちにきれいな水を提供することができるようになって、とてもうれしい」とし「今後も支援が必要な人々に関心を持って、より温かい世界を作っていくことができるように努力する」と伝えた。


一方、イ・ミンホは2014年に新概念の寄付プラットフォームPROMIZを設立した。PROMIZを通じてファンと一緒に多様なプロジェクトとマーケットを進行し、販売収益金などを寄付している。


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10