俳優ハ・ジョンウがビザの問題で中国映画に出演することができなくなった。


俳優ハ・ジョンウがビザの問題で中国映画に出演することができなくなった。


ハ・ジョンウの所属事務所側は15日、「中国側からビザの許可が下りなかった」とし、「映画『仮面』への出演が不可能になった」と伝えた。
韓国マスコミの記事によると、ハ・ジョンウは今年上半期中に映画「仮面」の撮影に入る予定だった。中国を代表する世界的な女優チャン・ツィイーとの共演も予定されていたため、ハ・ジョンウは映画の準備に専念してきたという。


これを受けて韓国業界関係者らは、ハ・ジョンウのビザ問題の背景に“限韓令(韓流禁止令)”があると指摘した。韓国は最近、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の国内配置を加速しており、中国はその仕返しとして韓流禁止令を強化していた。業界関係者らは「韓流スターの中国活動を規制する“限韓令”が段々エスカレートしている」と懸念している。
ハ・ジョンウ側も「(両国の)情勢も混乱している部分もあり、このような結果となった」とし、背景に韓流禁止令があったことをほのめかした。


一方、ハ・ジョンウは現在、映画「神と共に」の撮影にまい進している。


THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10