(C)Showonカンパニー


韓国で大きな人気を集めた創作ミュージカル「多分ハッピーエンド」が、SE7ENと超新星のソンジェを主役に起用して日本市場進出を宣言した。


「多分ハッピーエンド」側は16日、日本上演開幕情報とキャスティングのラインナップを発表した。同作品は作曲家ウィル・アロソンと作家パク・チョンヒュがタッグを組んで手掛けた創作ミュージカル。斬新な素材と美しい音楽が話題となり、初演の際には有料観客占有率85%を記録した。


日本での上演は現地の状況に合わせて演出と舞台美術などの修正ができるノンレプリカ(Non-Replica)方式で制作される。特に、多数の作品を通じて繊細な演出力を認められている演出家キム・ジホが指揮を執り、特有の感性的かつ密度の高い演出を披露する予定で注目を集める。また、音楽監督のパク・ジフン、舞台デザイナーのパク・ドンウ、振付師のイム・ジンホなど韓国ミュージカル界を代表する制作陣が参加する。


(C)Showonカンパニー


さらに、日本でも人気の高いSE7ENとソンジェのキャスティングが決まり、ファンの期待が高まっている。二人は繊細な感性を持った旧式ロボット“オリバー”役を演じる予定だ。

制作側は「作品の本質を保ちながらも、現地の市場に最適化された“現地カスタマイズ・ミュージカル”のお手本になると期待する」と自信を示した。


「多分ハッピーエンド」は、東京サンシャイン劇場で5月19日から28日まで上演される予定だ。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10