サムスン電子の株価がGalaxy S8への期待感で3日連続上昇した。


サムスン電子の株価がGalaxy S8への期待感で3日連続上昇した。


30日、サムスン電子の株は前日より1万ウォン(0.48%)上がった209万9000ウォンで取引を終えた。上昇出発した株価は午前中に210万ウォン台まで高騰したが、上昇幅は徐々に縮小した。Galaxy S8への期待感が好材料となった。発表前から投資家の関心が高まり、3日連続の上昇ラリーが続いている。


サムスン電子は同日未明、米国ニューヨークのリンカーンセンターでGalaxy S8とGalaxy S8プラスを公開した。特に、人工知能秘書である「ビックスビー」が注目を集めた。ビックスビーはユーザーの音声やテキスト、タッチなどさまざまな入力方式で情報を収集、ユーザーの状況を認識してカスタムサービスを提供する。


東部証券のクォン・ソンドン研究員は「Galaxy S8は上半期2000万台程度で始まり、今年で総4700万台が販売されると予想される」とし「これにより、営業利益は第1四半期の2兆ウォンから3兆9000億ウォンに大幅に増加し、同じ期間グループ全体の営業利益は9兆1000億ウォンから11兆5000億ウォンに上昇すると見られる」と予想した。


THE FACT|ソ・ミンジ記者


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10