写真提供:AND


女優のシム・ウンギョンが、日本の芸能事務所のユマニテ(代表取締役:畠中鈴子)と契約締結したことを発表した。


シム・ウンギョンの韓国所属事務所であるANDは、「ユマニテが追求する女優としての歩みや、マネージメントの方向性が我が社と一致し、所属女優シム・ウンギョンの日本や海外での多くの活躍を期待し、両社と、シム・ウンギョンが話し合った結果、契約締結をするに至った」と発表した。さらにANDは、「良質なグローバルネットワークを保有しているユマニテを通じて、シム・ウンギョンの海外進出の拠点となるだろう」と述べた。


ユマニテの代表取締役の畠中鈴子氏は、「女優シム・ウンギョンと出会えたのはとても幸運なこと」と述べ、「シム・ウンギョンの賢さや繊細さが想像力を刺激してくれた。彼女の才能やエネルギーをもとに、日本での活躍することを幅広く支援しながら、その過程を楽しみにしている」と伝えた。畠中鈴子氏は、これまでマネージメントに40年以上携わってきたが、よりクリエイティブな作品や人材とのコミュニケーションを大切にしているのだという。
ユマニテは所属役者が良い映画に出演できるよう徹底していると同時に、自社で映画の企画や制作をすることにも力を入れていて、繊細なマネージメントのコミュニケーションを目指している実力派マネージメント会社だ。


シム・ウンギョンは、子役から演技を始め、13年以上のキャリア、そして30作品以上の出演経歴がある女優として、韓国だけでなく日本でも人気のある女優だ。
日本で大注目された映画「サニー 永遠の仲間たち」、「怪しい彼女」に出演し、圧倒的な演技力を見せ、多様なキャラクターを演じきり、豊富な経験に基づく演技力や英語、日本語などの語学力にも優れ、日本に進出することを決定した。
ユマニテ側は、「グローバルで活躍するシム・ウンギョンをサポートし、彼女の活動のために全力を捧げる」と述べた。


THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10