(C) SHOW BOX

ハン・ソッキュとキム・レウォン共演の韓国映画「ザ・プリズン」(原題)とアメリカ映画「美女と野獣」がトップ争いを繰り広げている。

韓国映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークによると、「ザ・プリズン」は4月3日、6万人以上の観客(累積観客数:約227万5400人)を動員し、先週末に「美女と野獣」に譲ったトップの座を奪還した。2位の「美女と野獣」は同日、約4万9400人を動員。累積では約414万5200人を記録した。

興行成績3位は3万3300人を動員した「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」(累積観客数:約60万3000人)で、4位は約2万4600万人を記録した「ワンライン」(累積観客数:約31万5500人)となった。5位は「ヒドゥン・フィギュアズ」(累計観客数:約29万7000人)。

THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10