写真:JYPピクチャーズ

JYPエンターテイメント傘下のJYPピクチャーズが制作するドラマとして話題を集めた「魔術学校」(仮題)のラインナップが発表された。

新ドラマ「魔術学校」は“魔術”を通じて、若者たちの夢と希望、挑戦、挫折などを独特な形式で描く予定だ。公務員が人生の夢である“母胎ソロ”(異性と交際したことが一度もない人を指す言葉)の大学生ナラ(ジニョン)、心に深い悲しみを抱えているスター魔術師のジェイ(ユン・パク)、貧しいが温かい心の持ち主ジュン(ニックン)、魔術学校の院長マスター・ハン(リュ・スンス)、そしてマスター・ハンの娘だが、魔術師ではなくダンサーを夢見るイスル(シン・ウンス)が魔術学校で繰り広げる物語を描いていく。

制作陣は「企画から新鮮、ユーモア、共感、感動のキーワードをバランスよく溶かして新しい物語を作ることを目標にして、最高のキャスティングと最高のスタッフを構成しただけに、視聴者を満足させるドラマをお披露目する計画だ」と期待を寄せた。

「魔術学校」は7月から撮影をスタートし、今年上半期に韓国のネットとテレビなどを通じて放映される。

THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10