韓国のアシアナ航空がTHAAD問題による打撃を回避するため、路線の多様化に乗り出す。|THE FACT DB

アシアナ航空が、中国人観光客の減少による被害を最小限に抑えるため、路線の多様化などの自己救済策づくりに乗り出した。
 
アシアナ航空は4日、夏季運航スケジュール変更に合わせ、中国路線の座席供給を弾力的に調整する一方、日本と東南アジア路線の座席供給を増やすなどの自己救済策案を発表した。まず、アシアナ航空は今月から6月まで、中国路線の運航便を減らし、投入機種も小型機に変更する。その代わりに、日本と東南アジア路線の供給座席を増やし、同地域で新規需要の創出に力を入れる方針だ。

また、東京(羽田・成田)、大阪、福岡、札幌、名古屋など日本の主要路線と、ホーチミン、ハノイ、台北など東南アジアの人気の観光路線を対象に、従来の「A321」の小型機種から中大型機種である「A330」、「B767」、「B747」に変え、投入する予定だ。このほか、中・長距離路線の強化のために、米州、欧州路線の増便を実施する。すでに路線選定のための検討に着手したという。

アシアナ航空の関係者は、「訪韓する中国人観光客数が急激に減少し、その被害を最小限に抑えることができように、継続的に対策を講じていく」と述べた。

THE FACT|ソ・ジェグン記者


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10