映画「不汗党」の公式ポスター

カンヌ国際映画祭で上映されることが決定した映画「不汗党」のキャスト陣がそれぞれ感想を述べた。

19日、ソウル・江南(カンナム)区で開かれた「不汗党」(原題)の制作報告会には、主演を務めたZE:Aのシワンをはじめ、ソル・ギョング、キム・ヒウォン、ビョン・ソンヒョン監督が出席し、第70回カンヌ国際映画祭で同映画が上映されることについてその感想を述べた。

シワンは「カンヌ映画祭への出席は本当に良い経験」とし「自分の人生にとって何か大きな分岐点になりそうだ」と期待感を示した。ソル・ギョングは「スタッフと俳優陣が本当に頑張って撮影したが、良い結果につながってやりがいを感じる。個人的には久しぶりのカンヌ映画祭なので、とても光栄だ」と4回目のカンヌ訪問への嬉しい気持ちを表現した。
キム・ヒウォンは「カンヌでの上映を聞いたときはびっくりした。本当にミザンセーヌ(演出)が格別な映画なので、他の国でも注目されると思う」と語った。ビョン・ソンヒョン監督は「発表された日、とても良い気分になってお酒をたくさん飲んだ」とし「今は少し落ち着いた気持ち」と独特な感想を語り、笑いを誘った。

「不汗党」は、犯罪組織のトップを狙うジェホ(ソル・ギョング)と、この世に恐れるものがない覇気に満ちたヒョンス(シワン)の友情と裏切りを描くアクション映画。第70回カンヌ国際映画祭の非コンペティション部門である“ミッドナイト・スクリーニング”で招待作品として上映される予定だ。韓国では5月に公開される。

THE FACT|キム・ギョンミン


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10