夫婦のチソンとイ・ボヨンが子供のために1億ウォンを寄付した。

夫婦のチソンとイ・ボヨンが子供のために1億ウォン(約9千5百万円)を寄付した事実が一歩遅れて伝えられ、話題となっている。

ソウル大学子供病院は最近、同病院に寄付をした後援者リストを公開した。リストにはチソンとイ・ボヨンの名前で今年2月に1億ウォンが寄付されたことが記されている。
二人は小児がんなどと闘っている子供のために寄付したと伝えられている。マスコミには知らせたくないとして病院側には寄付の公表をしないようにお願いしたが、今回のリスト公開で知られることになった。

チソンとイ・ボヨンの善行は、今回が初めてではない。イ・ボヨンが第1子を妊娠していた2014年にも夫婦の名前でソウル大学病院の小児がんセンターに1億ウォンを寄付したことがある。当時イ・ボヨンは「お母さんになる前に、病気で苦しんでいる子供たちを助けたい」と説明した。

一方、2013年に結婚したチソンとイ・ボヨンは、結婚後にもドラマなどの作品で大活躍している。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10