韓国総合株価指数(KOSPI)が海外投資家の買いで2196.85と約6年ぶりの高値を記録した。|THE FACT DB

韓国総合株価指数(KOSPI)が海外投資家の買いに支えられ、約6年ぶりの高値を記録した。

25日の総合株価指数は前日より23.11ポイント(1.06%)上昇した2196.85で終えた。総合株価指数が2190台を記録したのは、2011年7月8日(2192.83)以来初めて。2011年5月2日に付けた過去最高値(2228.96)も目前に迫る。海外投資家が相場上昇を牽引した。個人と機関はそれぞれ3675億ウォンと2811億ウォンの売りを記録したが、海外投資家が6484億ウォンを買い、指数上昇を導いた。

化粧品、生命保険、鉄鋼、包装材、出版などを除いた大体の業種が上昇した。石油ガス、証券、非鉄金属、創業投資、広告、専門小売、自動車、家庭用品、生物工学、機械、通信機器、海運、電気製品などが買われた。
時価総額上位銘柄の上昇も目立った。サムスン電子(3.54%)をはじめ、現代自動車(2.12%)、韓国電力(0.34%)、ネイバー(0.62%)、新韓持株(0.20%)、現代モービス(1.55%)などが上昇した。一方、コスダックも上昇し630台に安着した。この日のコスダックは前日より5.95ポイント(0.95%)高の632.57で終えた。

THE FACT|ソ・ミンジ

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10