26日、韓国株式市場の総合株価指数は終値で前日比10.99ポイント高の2207.84と5日続伸した。|THE FACT DB

韓国株式市場の総合株価指数(KOSPI)が、海外勢と機関投資家の買いが同時に流入し、2210の台に迫った。

26日のKOSPIは前日比10.99ポイント高の2207.84で取引を終えた。取引時間中としてはほぼ6年ぶりの高値となる2210台を突破。
ニューヨーク株式市場の好調が追い風になった。ニューヨーク株式市場は、第1四半期の企業の好実績に支えられ、大幅に上場。ナスダックは史上初めて6000台に進入した。

韓国株式市場は海外勢と機関投資家がともに買いに乗り出した。それぞれ、2878億ウォンと863億ウォンの資金を投資し相場を引っ張った。業種別では、自動車、証券、機械、海運、出版、造船、石油ガス、不動産、化学、電子製品、建築資材などが上昇し、タバコ、非鉄金属、家具、化粧品、銀行、製薬、ITサービス、専門小売、食品などは下落した。

時価総額上位銘柄の上昇も目立った。サムスン電子(0.23%)をはじめ、SKハイニックス(2.48%)、現代自動車(4.50%)、韓国電力(0.56%)、サムスン物産(0.77%)、ポスコ(0.18%)などが上昇した。

一方、コスダックも上昇し630台に安着した。この日のコスダックは前日比2.54ポイント(0.40%)高の635.11で終えた。

THE FACT|ソ・ミンジ

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10