©S.M.Entertainment


SHINeeのオンユとインディーズデュオのRocoberryが、SMエンターテインメントのデジタル音源公開チャンネル「STATION」のシーズン2に6人目となるアーティストとして登場することが決定した。


オンユとRocoberryのデュエット曲『睡眠薬(Lullaby)』は、5月4日午後6時、MelOn、genie、NAVER MUSICなどの各種音楽サイトを通じて公開される予定で、音楽ファンの熱い反応が期待されている。


『睡眠薬』は、2014年に発売されたRocoberryにとって初のミニアルバム収録曲で、オンユとRocoberryのボーカルのROCOとのデュエット曲として新たに編曲された叙情的なバラード曲。両ボーカルの繊細な歌声と演奏が上手くマッチしていて、原曲とはまた違う魅力的な曲になっている。


特にオンユは、SHINeeのメンバーの中でも優れた歌唱力が認められているだけでなく、昨年8月、「STATION」シーズン1を通じて、歌手のイ・ジナとコラボした『Starry Night』を披露して各種音源チャート1位を獲得した。今回オンユがコラボしたRocoberryは、個性溢れる曲や多数のドラマOSTで人気を博した実力派シンガーソングライターで、今後のさらなる注目に期待が集まる。


また、音源の配信に先立ち、本日(27日)午後6時、YouTube SMTOWNチャンネル、NAVER TV SMTOWNチャンネルなどで、オンユとROCOのコラボ曲『睡眠薬』のライブ映像を配信し始める予定で、二人による感性的な音楽で、ファンを魅了することが期待されている。


また、今月1月から日本でのコンサートツアーを展開しているSHINeeは4月28~30日の3日間、東京国立代々木競技場第1体育館で「SHINee WORLD 2017~FIVE~」を開催する予定だ。


オンユとROCOのコラボ曲『睡眠薬』のライブ映像のURL: https://youtu.be/R8YzBmB-UvM



THE FACT JAPAN


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10