俳優のユ・アインがまたも兵役等級保留の判定を受けた。

俳優のユ・アインがまたも兵役等級保留の判定を受けた。

ユ・アインの所属事務所は1日、「5月1日現在、兵務庁から7級(兵役等級保留)の判定が届いた。5月22日に再身体検査を受けることになった」と明かした。

兵役のための身体検査の判定は1~7までの等級があり、1~3級は現役兵士に、4級は社会服務要員に、5~6級は兵役免除の対象となる。7級は再身体検査の対象となり、もう一度兵務庁が実施する再身体検査を受けなければならない。

ユ・アインは先月15日に4回目の再身体検査を受けたが、またも兵役等級保留である7級と判定された。兵役等級保留の理由は骨腫瘍。骨腫瘍は骨に出来る腫瘍で、骨とつながった軟骨と関節に出来る腫瘍もあり、悪性の場合は手術で除去する必要がある。

一方、ユ・アインは現役兵としての入隊を強く望んでいる。ユ・アインは今年2月、「負傷や疾患の部位に対する経過観察とリハビリ治療を並行しながら、日常生活を大きな問題なく過ごしている」とし「骨折の負傷は自然に治ると思う。正確に予測はできないが、骨腫瘍に異常な発育が追加的に進まなければ、兵役義務の履行は十分可能だとと思っている」と、兵役義務を最後まで果たしたいという意地を見せた。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10