(C)Tomoko Nozaki

アーティストのライブとドラマが融合した新感覚テレビドラマとしてTOKYO MXで4月12日より放送されている『今夜もLL♡(LIVE&LOVE)』に主演しているパクドルwithアルスマグナ、Boys Republic、WEBERの3グループが合同取材会を5月1日、都内で行い、ドラマ出演の感想や撮影エピソードなどを語った。

パクドルは、出演が決まった時の気持ちを「すごくうれしく思いました。“弟”のHEROと一緒に出られたということがすごくうれしかった。新たなチャレンジが僕に来たというか、ビッグバンが起きたと思いました(笑)」と語った。“弟”HEROは、元SM☆SHのメンバーで、現在は日本を中心に活動しており、4月にリリースされたパクドルの1st Albumにも参加している。

(C)Tomoko Nozaki

Boys Republicのミンスは、「日本で僕たちの名前をたくさんの方に知ってもらえるので、とてもうれしかったです」と所感。WEBERのTaka.は「すごくうれしいと同時に、不安も大きかったんですが、やってみてすごく楽しかったなと思いました」と語った。

撮影エピソードを挙げてもらうとパクドル&HEROが「2月の撮影でホントに寒く口も回らなかった」と語ると、Boys Republicのスウンも同意。「海の前でたくさん撮影したので、本当に寒かったし、日本語でしゃべるのが本当に難しかった」と苦労を明かした。

(C)Tomoko Nozaki

好きなシーンについての問いにはパクドルが「回し蹴りするところ」と言うと、HEROは「パクドルさんが玲奈ちゃん(岡本玲)を床ドンするシーン。僕がワクワクしちゃいました」と言って笑わせた。Boys Republicのスウンは、「キスシーン。雰囲気がほんとにきれいです」と自信を見せた。WEBERのlittle Skeetは「ライブの終盤のTaka.の長ぜりふのシーン。一番熱意がこもっているシーン」と挙げた。

最後に、パクドルは「すごくドキドキ・ワクワクして、クスクス笑えるステキなドラマなので、劇場でもたくさん見てください」、Boys Republicのウォンジュンは「僕たちの初めてのドラマで、いろいろな魅力が見られるので、応援よろしくお願いします」、WEBER のTaka.は「僕たちの初めての演技ということで、多少イモくさいところもあると思うんですけど、今後の成長も兼ねて期待して見てほしいと思います」とそれぞれPRした。

(C)Tomoko Nozaki

『今夜もLL♡(LIVE&LOVE)』はテレビ放送後に全国映画館で映画化されることが決まっている。さらにドラマ放送中の5月には3組によるスペシャルライブ「今夜はLL♡SPECIAL LIVE」が、東京と大阪で開催される。なお、Boys Republicのエピソード「君の瞳に花束を」は、2010年公開の超新星の映画『君にラヴソングを』のリメイク版だ。

今夜もLL♡(LIVE&LOVE)』 TOKYO MX 毎週水曜日22:00~22:25
※無料アプリ「エムキャス」にて全国同時放送
4/12~4話放送 エピソード①パクドルwithアルスマグナ×岡本玲 「私の頭の中のパクドル」
5/10~4話放送  エピソード②Boys Republic×葵わかな「君の瞳に花束を」
6/7~ 4話放送  エピソード③WEBER×山崎紘菜 「僕らのライブ大事件」
さらに、全12話をニコニコチャンネルにてアーカイブ配信(有料)。「今夜もLL♡」チャンネル開設
ドラマオフィシャルサイト  http://www.universal-music.co.jp/jp/konyamoll/

THE FACT JAPAN|野﨑友子


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10