第1回ハングル執中Camp 參與 學生, 指導 敎師

在日本ハングル協議会(会長イ・フンウ)は、在外同胞財団の後援で第1回ハングル集中キャンプを、日本・長野で開催した。

大阪を中心に関西地方で35人の学生たちが参加し、東京を中心に関東地方で65人の学生たちが参与した。東京と大阪の中間地点ぐらいである長野「village女神胡青少年修練院」で4泊5日間ハングルと韓国文化、歴史を学び、体験する過程で行われた。

關西地域協議會 副會長(白琇晶)の授業

歌で学ぶハングル、演劇を通じたハングル体験、提燈作り、開いた作って飛ばして見る、体育大会、特技発表大会、レクリエーション活動など、多様なプログラムで構成されて小学校1年生から高校2年生までの出席者たちみんなが楽しみの中に何の事故なしに5日をよく消化した。行事後、“ハングルについて関心を持つようになった”、“子供が愛国歌を歌い、童謡を歌ってびっくりした”、“ハングルになった童話の本を読むことになって、とても感動的だ”、“奉仕してくださった先生たちにとても感謝している”、“毎年キャンプを進めてほしい”などの意見を送ってあげたと言う。

ハングル 集中工夫

このキャンプは8月1日から12日の間に韓国ソウルで行われる「在外同胞ハングル集中キャンプ」を備えて現地で実施された事前キャンプの性格だった。キャンプ開始前、テストを経て、5つのレベルで学生たちを分けて授業を進行し、最後の日に同じ難易度の評価を実施した。ところで、0点だった学生が70点を受けることになって驚きいる姿は皆の胸の中に感動で残っていると参加した教師が話した。テスト結果、全体的に平均14点の上昇を見せ、指導教師とステップはその間の疲れを忘れ、やりがいを感じることができたと口をそろえた。

野外學習

今回に参加した100人の参加者のうちに80人がソウルのキャンプに参加することになる。そして、多くの人たちが来年にもこのキャンプがつながることを期待しているという。

特技發表大會

THE FACT JAPAN



  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10