EXOのディオ

EXOのディオが、映画「サニー 永遠の仲間たち」を演出したカン・ヒョンチョル監督の新作に出演する。

SMエンターテイメントは8日、「ディオが映画『スウィング・キッズ』に出演する。ディオは主人公のロ・ギス役を演じる」とマスコミに伝えた。
映画「スウィング・キッズ」は、人気ミュージカル「ロ・ギス」を原作にした作品。朝鮮戦争を舞台に、韓国と北朝鮮の理念が激しく対立した捕虜収容所の物語と描いている。ディオは、アメリカの軍人が踊るタップダンスに心を奪われて自由と夢を追いかけるロ・ギスを演じる予定だ。

特に、韓国で700万人の観客を動員し日本でも大きな人気を博した「サニー 永遠の仲間たち」(2011年)のカン・ヒョンチョル監督がメガホンを取り、映画ファンの注目を集めている。映画「スウィング・キッズ」は9月にクランクインし、2018年に公開される予定だ。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10