撮影:ムン・ビョンヒ


女優のキム・ジウォンが、ドラマで共演するパク・ソジュンのがっちりしたボディをたたえた。


パク・ソジュンとキム・ジウォンは18日午後、ソウル・永登浦(ヨンドゥンポ)区のタイムスクエアで開催されたKBS2TVの新月火ドラマ「サム、マイウェイ」(脚本:イム・サンチュン、演出:イ・ナジョン、キム・ドンフィ)の制作発表会に出席した。


同ドラマで格闘技選手の役を演じるパク・ソジュンは「撮影前から運動をたくさんした。裕福なキャラクターではないので、ファッションよりは、私自身の身体で勝負しようと思う」と覚悟を語った。


また、「普段から総合格闘技の試合をたくさん見ていたが、ドラマの準備をしながらいつもより集中して見た。格闘技の選手は、自身のベースとなる分野が別にあるが、(自身が演じる)ドンマンはテコンドーがベース。動作も難しいが、選手たちの体つきはとても素晴らしい。なので最大限その体に近づこうとして、運動を一生懸命している」と説明した。


パク・ソジュンの話を横で聞いていたキム・ジウォンは「(パク・ソジュンは)努力をたくさんしていた。是非期待して欲しい」と述べた。


ドラマ「サム、マイウェイ」は、マイナーな人生を強いられるが、誰に何と言われても自分の道“マイウェイ”を歩んでいく若者の成長とロマンスを描く作品で、パク・ソジュン、キム・ジウォン、アン・ジェホン、ソン・ハユン、キム・ソンオなどが出演する。パク・ソジュンとキム・ジウォンはそれぞれ、格闘技選手のコ・ドンマンと、アナウンサーになることを夢見ているチェ・エラを演じる。22日午後10時に韓国で初回放送を迎える。


THE FACT | カン・スジ


  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10