チャン・グンソクが世界的な巨匠であるキム・ギドク監督の新作に出演する。

チャン・グンソクが世界的な巨匠であるキム・ギドク監督の新作に出演することを決定した。

チャン・グンソクの所属事務所は22日、「キム監督を尊敬している。一緒に作品に参加することになり、とても光栄だ」と、キム監督の新作「人間の時間」(原題)に出演することを報告した。

「人間の時間」は、世界から認められているキム監督の23番目となる作品。人類がどのように生き残って今に来たのかを描く予定で、すでに演技派俳優のアン・ソンギとリュ・スンボムが出演を決定し話題を集めている。
チャン・グンソクが引き受ける役についてはまだ伝えられていないが、最も大衆性の高い俳優と最も芸術性の高い監督と評価されている二人の出会いに大きな注目が集まる。チャン・グンソク側も「デビュー以来、最も破格的な演技変身になる」と期待を寄せている。

チャン・グンソク本人も、「人間の本能と限界を演じる予定で、俳優としては魅力的な作業だと思う」と出演する理由を説明した。

チャン・グンソクの6年ぶりのスクリーン復帰作「人間の時間」は来る5月末からクランクインする予定だ。

THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10