パク・クネ(朴槿恵)前大統領の初公判が23日午前、ソウル瑞草洞のソウル中央地裁で行われた。

職権乱用や収賄などの罪に問われているパク・クネ(朴槿恵)前大統領の初公判が23日午前、ソウル瑞草洞のソウル中央地裁で行われた。パク前大統領は午前9時すぎに地裁に到着。10時すぎに法廷に入った。

パク前大統領はこの日、黒のスーツを着服し、拘置所の収容者番号“503番”のバッジをつけた状態で出廷した。多少やつれている姿だったが、外見から大きな健康異常は見られなかった。


パク前大統領の姿が公開されたのは、3月31日に拘束以降53日ぶり。592億ウォン台の賄賂などの疑いを受けているパク前大統領は同日、ソウル中央地裁の刑事合意22部(部長判事:キム・セユン)の審理で、1次公判を受ける。一緒に起訴されたパク前大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告も同じ裁判に出廷する予定だ。






THE FACT|イ・ヒョギュン

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10