超新星ソンジェの韓国映画初主演『Guest House』が近日公開予定で、またイメージアルバムが7月26日に発売されることもあり、横浜・愛知・大阪の3カ所にてファンミーティングが開催された。

超新星ソンジェの韓国映画初主演『Guest House』が近日公開予定で、またイメージアルバムが7月26日に発売されることもあり、横浜・愛知・大阪の3カ所にてファンミーティングが開催された。

5月21日パシフィコ横浜国立大ホールで開催された昼公演では、映画の予告編が流れたあと、ソンジェが「I LOVE YOU日本語ver.」を歌いながら大歓声に迎えられ登場。歌い終わって、「緊張していますが、皆さんと楽しい時間を過ごしたいと思います、よろしく!」と笑顔であいさつ。そしてトークショーでは、映画初主演について「すごくプレッシャーが大きかった。学ぶつもりで一生懸命臨みました。うまくできるか心配だったけど、ずっと以前からやりたかったことなので頑張りました」と語った。撮影は冬にカンヌンで行われ、寒さが苦手なソンジェは、「寒かったし、スケジュールもタイトだったんですけど、おいしい食べ物に癒されながらがんばりました」と振り返った。


「撮影で一番大変だったことは?」という質問には、「海辺での撮影のときは天気が不安定で大変だったんですが、なにより大変だったのは、ちすんさんと英語でやりとりすることでした。僕は外国語には才能がないみたいです…」と語ったソンジェに観客からは微妙なリアクションも。また、イメージアルバムのレコーディングについて「主題歌は僕の声にあってる曲だと思いました。スケジュールがタイトで、1日で3曲録ったので少し不安だったんですが、とてもいい曲を歌えたなと思っています」と歌にはしっかり自信を示した。

また、料理はふだんあまりしないというソンジェが抽選で選ばれた5名のファンに、おにぎりを作って振る舞うという料理コーナーでは、出来上がったおにぎりをツーショットを撮りながら食べさせてあげると、客席からは羨望の悲鳴も上がった。さらにフロアを回ってのフォトタイムのあとはライブタイムに。インスト「It’s Time」に続き「BLIND」「YES MAN」「BAD」と披露。曲の最後に投げキッスをしたが、歌い終わったあと「ちょっと間違った!すみません!もっと練習します」と言うと、「次の曲は映画で使われている曲です」とバラード「ボゴシプウル テヌン」を披露。最後は「A-YO」「愛を叫ぶ」で締めくくり、さすがの歌唱力とダンスで圧倒的なステージを見せたソンジェ。ファンからはいつまでも拍手が贈られた。

「いきなり目に涙が浮かびました。本当にありがとうございます」と感激の様子のソンジェ

また、5月27日に大阪・オリックス劇場で行われた最後のファンミーティングでは、この日がソンジェの除隊後1年という記念の日ということで、サプライズが用意された。ケーキが用意され、「ソンジェ除隊1周年おめでとう!」と声を合わせた。そして、目隠しを促されていたソンジェが目を開けると、会場の全員が手に「おめでとう」のメッセージを掲げていた。「いきなり目に涙が浮かびました。本当にありがとうございます」と感激の様子のソンジェだった。今後のイメージアルバムのリリース、映画公開で再びソンジェと出会えるのを待ちたい。

■映画『Guest House』公式HP(guest-house.official- movie.com/)

■超新星公式サイト(http://www.choshinsei.com/


THE FACT JAPAN

  • (1/20)
  • Editor’s Choice
  • TOP10
  • Keyword News
  • Click Starwars TOP10